有料老人ホームへの入居について

有料老人ホームは何歳から入居できるのですか?

受入れ条件は老人ホームごとに異なりますが、「要支援、要介護認定を受けた65歳以上の方」とする所が多いようです。しかし、特別な条件下にある場合は、その限りではありません。

要支援、要介護認定がない「自立」の高齢者でも、ホームに入居できますか?

入居できる老人ホームもございます。ただし介護保険が適応されない方の場合は、月額利用料のほかに、介護サポート費などの名目で費用がかかるケースもあります。

現在入院中です。退院と同時に入居できますか?

退院後、そのままホームに入居される方は少なくありません。ホームに関する情報が必要であれば、病院のソーシャルワーカーに相談してもいいでしょうし、お電話をいただければ、あいらいふ入居相談員が病院まで出向くことも可能です。

認知症があっても、有料老人ホームに入居できますか?

はい、もちろん入居できます。ホームによっては、認知症の方の専用フロアを設け、より手厚い対応に力を入れているところもあります。また、レクリエーションやイベントを通じ、認知症の方の生活の質(QOL)向上に努めているところもあります。

ホームの見学について

見学は、どのように申し込めばいいのですか?

お客様がホームに直接お問い合わせなさることも可能ですが、あいらいふ入居相談室にご連絡いただければ、ご要望に合わせて、日時などの調整を行います。お気軽にお申付けください。

見学するときは、一緒に来てもらえますか?

はい、無料で同行いたします。ただ、土日や休日などは、見学が集中いたしますので、早めにご予約いただけますと非常に助かります。

入居に必要な費用について

入居一時金や月額利用料がホームごとに違うのはなぜですか?

ひとつは、立地による差です。ホームの費用は、住宅と同じく、地価の影響を受けています。さらに、有料老人ホームは民間の会社によって運営されているため、設備やサービスの内容は、ホームごとに異なります。また、価格帯が同レベルのホームでは、入居時の費用が高くなるほど月額利用料が安くなり、入居時の費用が安くなれば月額利用料が高めになるのが一般的な傾向です。

月額利用料以外にかかる費用はありますか?

まず、要介護認定を受けている方は、介護保険の1割分をお支払いいただかなければなりません。その他に、オムツなどの消耗品、理美容費、嗜好(しこう)品、医療費などが実費負担となるホームが多いようです。

有料老人ホームでの暮らしについて

医療サポートが必要なのですが、入居できるホームはありますか?

どのような医療サポートが必要かによって、受入れ体制が異なりますので、詳しくは私どもにお問い合わせください。ホームにクリニックが併設されていたり、看護スタッフが24時間常駐しているなど、「医療面での充実」をうたうホームは増えています。しかし、ホームは病院と違って、手術などの治療行為はできません。ホームに「できること」「できないこと」について丁寧にご説明しながら、ご要望に合うホームをご紹介します。是非お気軽にお問い合わせください。

レクリエーションはありますか?

最近、多くのホームがレクリエーションの充実に力を入れています。地域の子どもたち、小中学校、ボランティアで協力を募ったり、入居者のリクエストに応じるなど、さまざまな工夫が行われています。見学の際には、是非レクリエーションについても、質問されるとよいでしょう。