一人暮らしの不安と寂しさから自ら老人ホームを検討するが、合った施設が見つからない

ご対象者様は、80代で独居の女性。妹様が少し離れた所にいますが、今の生活に不安が募り自らホームを探し始めます。しかし、介護度と年齢だけで判断され、紹介されるホームは、ご自身の住みたい場所ではありませんでした。相談員は「元気なうちは自分で食事を作りたい」という気持ちに沿ったミニキッチン付きのサービス付き高齢者向け住宅等を提案しました。

母が入居する老人ホームを息子夫婦が仮予約するも、叔母の反対意見でご破算に

ご対象者は、息子様家族と2世帯住宅で暮らす80代のお母様。普段の生活は別々です。お母様は足腰が弱って、ショートステイへ。退去日が迫り、息子様は近所のホームを仮予約しますが、叔母様の異見でご破算に。相談員を交えて、家族会議を行い、新たな施設を選定しました。

【老人ホーム入居】夫婦同居を望む夫と、望まない妻

80代のご夫婦からの相談です。ご主人様は重度の腰痛のため昼夜介護が必要な状態。今すぐ入居できる介護付きの老人ホームに奥様と夫婦同居にて入居したいとおっしゃいます。一方、奥様は昼夜問わずの老老介護に限界を感じ、老人ホームへの夫婦同室入居には抵抗のあるご様子です。お子様はおふたりともご自宅から離れたところに住んでおりエリアも定まらないため、候補の選定に難航しています。

経鼻栄養で将来は胃ろうの可能性も。口から食べられるようになりたい!

80代のお父様は、うつ病と認知症あり、娘が目を離したすきに食事を一気に口に入れ、一時心肺停止に。命は助かりましたが、誤嚥(ごえん)性肺炎のため食事が困難となり、経鼻栄養となりました。経鼻栄養は一時的なもので、口から食べられない場合、胃ろうを検討することになります。娘様が選んだのは、嚥下(えんげ)リハビリがあり、胃ろうにも対応できるホームでした。

硬膜下血腫で入院中の80代の姉!独り暮らしで自宅に戻れないが、どんな老人ホームを選べば良いかわからない?

独り暮らしの80代の姉が硬膜下血腫で入院後、自宅復帰が困難になり、老人ホームに入ることを希望されました。独身なので弟様が保証人ですが、どんな老人ホームが良いかわからず、あいらいふ入居相談室にご相談に来た時のことです。

老健から有料老人ホーム!退院後の施設について、意見が分かれた場合は。

長男様と2人暮らしのお母様は、入院中に日常生活動作が低下し、車イス生活になってしまいます。長男様には仕事があるため、「認知症を患っている母が、日中1人だと心配」になり老人ホームを探しはじめました。しかし、長女様は、老健(介護老人保健施設)でのリハビリを希望し、有料老人ホームを探している長男様とは意見がわかれてしまいました。そこで、相談員は、「まずは老健に入所してはどうか」と提案。このままホームに入居しても、長女様の心にしこりが残ってしまうためです。家族間で意見が対立したときは、第三者を間に入れると話がまとまりやすくなることもあります。

息子は怒鳴る&音信不通、認知症の母は保証人がおらずホームに入れない

お母様は、80代で独居。主介護者の息子様は言葉によるDVがあり、音信不通に。認知症のお母様は、高齢者緊急一時保護施設に入所。その退去日が迫り、ホーム入居を希望するも身元保証人がいません。相談員は、成年後見制度で入居できるホームを提案しました。