入院生活で、床ずれが。最終目標は自宅復帰!

80代のお父様は、肺と血液の病気で入院。足に床ずれができたため、車イスでの生活を余儀なくされます。最終目標は自宅復帰ですが、娘様はそこに至るまでに、お父様がリハビリのできる老人ホームを探しています。まずはホーム見学へ。機能訓練指導員が複数常勤し、リハビリの時間以外にも屋上で外気浴が楽しめるホームと、理学療法士(PT)と作業療法士(OT)が常勤し、病院への送迎が無料のホームの2軒を見学しました。

てんかんで入院した90代の父。家族は老人ホームをリハビリ重視で探すが?

てんかんで入院中の90代のお父様が、退院後に在宅復帰が困難となり、老人ホームを探しはじめました。長男様はリハビリを重視されておりましたが、ご本人にとって、これからの生活で何を重視すべきかを一緒に考えさせて頂きました。

脊柱管狭窄症と心臓の難病を併発し、要介護に。50代はホームに入れる?

相談者は、病院のソーシャルワーカー(SW)様。対象者は、50代の男性。脊柱管狭窄症で入院したところ、心臓にも難病が見つかり、車イスが必要に。自宅に戻りたい気持ちが強く、リハビリに強いホームを探しています。

転送して大腿骨を骨折した母!老人ホームのリハビリで歩けるようになるの?

80代のお母様は自宅で独り暮らしをしていましたが、転倒して大腿骨を骨折。車イスが必要になりました。退院期限が1か月後に迫り、息子様の要望で理学療法士(PT)のいるパワーリハビリを行う老人ホームを探しました。

脳挫傷で嚥下障害の父、嚥下訓練をしてくれる老人ホームはどうやって探せばいいのでしょうか?

80代のお父様は、転倒による脳挫傷で入院。嚥下障害のため、ペースト食です。娘様は、好物のうなぎを食べられるようになることを望んでいました。そこで、嚥下訓練を行うことのできる老人ホームをご紹介しました。

胃ろうでもリハビリを継続し、口から食事を摂れるようにしたい。

お父様は、脳梗塞で重度の嚥下障害になり胃ろうを造設。リハビリ病院で嚥下訓練を行い、ゼリーを食べられるまでに改善しました。娘様は、お父様が口から食べられるようにリハビリができるホームを探しています。 相談員は実際に経口摂取になったご入居者様のいるホームで、入居費を抑えつつ、外部のリハビリサービスを利用する方法を提案しました。

過去にリハビリ最優先で豪華なホームを選び失敗、おじに同じ思いはさせたくない

ご対象者は、90代男性。病気で入院中でしたが、退院後に入る老人ホームを検討していたなかで、主介護者が変更。新しい主介護者には、身内の介護時に、リハビリ最優先でホーム選びに失敗した苦い過去があり、本人に合った施設を探しました。