退院迫られる!退院から2週間で老人ホームに即入居

娘様と二人暮らしの80代のお母様が、てんかん発作で転倒。救急搬送され入院することになりました。治療が終わり「すぐにでも退院してほしい」と病院より退院を迫られました。急遽老人ホームを探すことになり、老人ホームの選定から入居までの様々な手順を短期間で完了し、2週間で無事入居できました。

とにかく予算を重視!安く入れる老人ホームを希望します!認知症の母が入院したら介助が必要になったのですが、年金も貯金もほとんどありません。

レビー小体型認知症の90代のお母様が、突然の発熱で入院。熱が下がったため退院を伝えられますが、治療中はベッドで寝たままだったため要介護4まで状態が落ちてしまいました。娘様は仕事をしていて介護は無理。貯金も年金もないことから、都心に比べて利用料が安価な郊外の老人ホームへの入居を決めました。

早急の退院を迫られた父!退院後の施設に早く入れる方法はあるの?

80代のお父様は脱水症状で入院したものの、治療が終わり、病院からはすぐに退院を迫られることになりました。時間も費用もありませんが、ご家族の希望はたくさん。特にお父様が通う眼科への通院は必須です。そのような中、担当医師、施設長様と密に連携をとることで、スピード入居に成功しました。

母の介護、欠勤続きで介護離職寸前。お互いのストレス緩和のため、すぐ老人ホームに入りたい!

70代のお母様は持病の腰痛がひどく、一人では身動きできなくなることがしばしば。息子様が仕事を休んで介護していますが介護休暇、介護休業も使いきり、これ以上の欠勤はできないと悩んでいらっしゃいます。

疥癬(かいせん)の治療を終え、退院後は老人ホームに入居希望。しかし、どこも感染を恐れて門前払い!!

80代で独居の男性は腎臓病と疥癬*1 が悪化して入院。すべての治療を終えて退院が決定。在宅復帰は困難です。老人ホームへの入居を検討しますが「疥癬の治療を終えたばかりでは」と、どこも門前払い。

認知症が進行しトイレでの失敗が増え、現在住んでいるサービス付き高齢者向け住宅から退去を勧告!

サ高住にお住いの80代の女性。認知症が進行し、トイレが思うようにできなくなり、施設から「すぐにでも退去を」と勧告されます。入居可能なホームを提案しましたが、入居審査の段階で感染症が判明し、ふりだしに戻ってしまいました。

心不全で入院の母は治療を終え、1週間以内に退院するよう病院から勧告!期限内に転院先が決まりそうもない!!

80代で独居のお母様が心不全で入院。一通りの治療を終え、1週間以内に退院するよう勧告されます。娘様はお母様を呼び寄せて、近くの老人ホームへの入居を検討しますが、早急に入れるホームが見つかりません。