軽い認知症はあるが多趣味で元気な母が気に入る老人ホームってある? 友達も多いから接待用に共用部分にはこだわりたいです。

軽い認知症を持つ90代のお母様は転倒して腕を骨折。入院中にADLが低下し、息子様夫婦に迷惑をかけたくないと、自ら老人ホームに行くとおっしゃいます。趣味や急な来客でも安心して対応ができる、ホテルのような豪華な共有スペースを持つ老人ホームへの入居を決めました。

とにかく予算を重視!安く入れる老人ホームを希望します!認知症の母が入院したら介助が必要になったのですが、年金も貯金もほとんどありません。

レビー小体型認知症の90代のお母様が、突然の発熱で入院。熱が下がったため退院を伝えられますが、治療中はベッドで寝たままだったため要介護4まで状態が落ちてしまいました。娘様は仕事をしていて介護は無理。貯金も年金もないことから、都心に比べて利用料が安価な郊外の老人ホームへの入居を決めました。

認知症の父の暴言がひどくて、毎日恐怖に震えています。老人ホームの玄関の鍵は施錠されているのでしょうか?

認知症による暴言が顕著な90代の男性。恐怖を感じたご家族様が老人ホーム入居を検討しますが、「逃げ出してすぐに帰ってくるのでは」と心配しています。多くの老人ホームでは、入居者の安全を考慮してエントランスの鍵を施錠しているため、遠方にこだわらなくても心配ないことを説明し、老人ホームを提案しました。

意外にも供給少なめな夫婦2人部屋。スムーズな老人ホーム入居には部屋の仮押さえが必要?

ともに認知症を抱え、2人で暮らしている80代のご夫婦ですが、ある日奥様が心不全で入院。すると、ご主人様は心配と不安のあまり奥様を探しに出かけ、ご自身の透析を忘れてしまいます。困った息子様は、夫婦で安心して暮らせる方法を模索しています。

認知症の妻の暴言と暴力がエスカレート。同居が難しくなり老人ホームを検討

80代の奥様は認知症が悪化し暴言、暴力が酷く、ご主人様は介護疲れでダウンしてしまいます。ご夫婦暮らしのため、ご主人以外に介護する方がおりませんので、奥様は病院に措置入院されますが、退院が決まったところで老人ホームへの入居を検討しました。

姑は重い認知症で孫にまで暴言を吐き、家庭崩壊の危機に。距離を置くべきだと考えた長男の妻は老人ホーム入居を決意!

認知症状が重く、ひどい暴言の80代の女性。長男様ご家族と暮らしていましたが、長男様が病気で入院することになり、奥様が一人で介護を担うことに。お孫様たちにまで暴言を言うようになり、対応に限界を感じた奥様が老人ホーム入居を検討しています。

認知症が重くなって老人ホームへの入居を検討。身寄りがないため成年後見制度により弁護士が成年後見人に!

70代独居の女性で認知症が著しく進行。「見当識障害」も起き、独りで暮らすことが困難となったため、地域包括支援センターのケアマネジャー様からご相談がありました。女性は身寄りがなく成年後見制度を利用しています。

妻が大腿骨頚部骨折で入院。リハビリは順調だが、夫は老老介護が不安。妻は趣味継続のため退院後もリハビリをしたい!

70代の奥様が大腿骨頚部骨折で入院。退院時期が迫りましたが、奥様には軽度の認知症があり、ご主人様は自宅での介護に不安なご様子。一方、奥様は趣味のフラダンスを再開するためリハビリを強く希望されています。

認知症が進行しトイレでの失敗が増え、現在住んでいるサービス付き高齢者向け住宅から退去を勧告!

サ高住にお住いの80代の女性。認知症が進行し、トイレが思うようにできなくなり、施設から「すぐにでも退去を」と勧告されます。入居可能なホームを提案しましたが、入居審査の段階で感染症が判明し、ふりだしに戻ってしまいました。