父が転倒して骨折しました。認知症が急激に進んでしまい自宅に戻ることができません

自宅で転倒して骨折した90代のお父様は、ADLが低下し、さらに認知症も重くなりました。このままでは自宅に戻れそうもないと老人ホームを探し始めますが、娘様と息子様の意見が食い違い、老人ホーム探しが難航。そこで、決定権者を1人にすることを提案しました。その後はスムーズに進行し、無事にご入居されました。

認知症の父による暴力で介護の限界です。認知症でも受け入れてくれる老人ホームを探しています

80代のお父様は急激に認知症が進行し、介護の限界を迎えた息子様は老人ホームへの入居を検討しました。地域の方から尊敬されていた父親の変貌に戸惑う息子様でしたが、認知症ケアに精通している老人ホームの施設長と話をすることで、今までの疑問が解けました。信頼できる施設長のいる老人ホームなら安心できると入居を即決しました。

プライドの高い父の認知症が進行し暴言や暴力がひどくなりました。受け入れてくれる老人ホームはありますか?

大企業のモーレツ社員だった80代のお父様は、定年退職後に認知症を発症し家族に暴言、暴力を振るうようになりました。問題行動があっても受け入れ可能で、かつ、かかりつけの心療内科医の往診ができる老人ホームはないかと相談を受けました。そこで、施設とは思えないほどの洗練された雰囲気で、オープンしたばかりでまだ入居者が少ない老人ホームへの入居を提案しました。

熱中症で救急搬送された母に、この夏だけでも老人ホームに入居してもらいたいです。どのようにして説得すればいいでしょうか?

独居の70代のお母様は、自宅で熱中症を起こしてしまい救急搬送されました。入院によって体力が落ちて自宅復帰は難しいと感じた娘様でしたが、老人ホームには絶対に入りたくないとお母様。そこで、夏の間だけでも、と担当のケアマネジャー様に説得をしていただき、無事入居となりました。

身寄りのない女性、認知症が進み、この先が心配…

ご対象様は、独居で身寄りのない80代女性。認知症状で被害妄想が出始め、隣人とのトラブルが発生しています。見かねたケアマネジャー様が老人ホームへの入居が最適と、身元保証会社様を紹介して、老人ホームへの入居を勧めますが、認知症の進行が激しく、施設見学の段階で膠着しています。

本人面談でまさかの入居拒否!一体その理由とは?

転倒骨折で入院した70代のお母様。入院中にADL(日常生活動作)低下や認知症状が思った以上に進んでしまいました。しかし、ご家族様の面会は毎回短時間で、その時にはしっかりしていたことから、実情を把握できていなかった様子。結果、老人ホームの本人面接で入居拒否となり、困っています。

認知症の兄の面倒を見たくない、老人ホームという選択肢も。

都心に独りで暮らす70代男性が熱中症で救急搬送。認知症が進行していたため、熱中症が回復しても自宅復帰は難しい状況です。しかし、唯一の身内である故郷の弟様は男性を引き取ることを拒否され、老人ホームを探すことになりました。弟様は男性との確執から関わりたくないとの思いがありましたが、老人ホームの施設長様に説得され、生まれ故郷の老人ホームに入居することを決めました。

老人ホームは、本人も一緒に見学した方がいいの?

自宅で仕事をしながら認知症のお母様を介護している息子様。親思いですが、リゾート地を希望したり、本人判断を求める見学同行を要望したりと、認知症の性質を考えると、その孝心はピントが外れ気味。強行した同行見学後のお母様は、認知症の症状が悪化してしまいます。現在は孤独感から生じる不安を軽減できる多床室施設で、見守られながら落ち着いて暮らしています。

ヘルパーの介護を拒否。老人ホームへの入居も拒否。認知症の父の自宅生活は破綻寸前ですが、どのように説得したらいいでしょうか?

古い公営住宅に独りで暮らす70代のお父様は、認知症が進行し暴言がひどくなりました。自宅生活の限界を感じた娘様は老人ホームへの入居を勧めますが、人付き合いが苦手なお父様は嫌がります。そこで、認知症ケアに力を入れている老人ホームのベテラン施設長に直接お父様を説得してもらい、無事入居することができました。

「5日後に老人ホームに入りたい」というのは、やっぱり無理でしょうか?

80代の独居男性が大腿骨を骨折して入院。入院生活でADLが落ち認知症も重くなったため、ご家族様は老人ホームへの入居を希望します。しかし、自分達で探すものの見つけることができず、そうこうしているうちに退院予定日は5日後に迫ります。急遽あいらいふ入居相談室が受入れ先を手配し、即入居していただくことができました。