認知症が進行しトイレでの失敗が増え、現在住んでいるサービス付き高齢者向け住宅から退去を勧告!

サ高住にお住いの80代の女性。認知症が進行し、トイレが思うようにできなくなり、施設から「すぐにでも退去を」と勧告されます。入居可能なホームを提案しましたが、入居審査の段階で感染症が判明し、ふりだしに戻ってしまいました。

老健退所日が迫る父!娘は寝たきり!義理の息子は父を自宅で見る余裕がない!!年金内でホーム探しできるといいが……

ご対象者様は独居で80代の男性。右腕を骨折し入院。老健に移り退所日が迫っています。娘様がいますが難病で寝たきり。娘の夫である義理の息子様が主介護者に。お父様を引き取って見ることは困難です。

妻の希望は「アクセス重視で予算は年金内」。でも入居する夫は本当にそれで満足?

自宅最寄り駅からアクセス良好だが、予算より高めの介護付有料老人ホーム。 ご対象者は80代男性。前立腺肥大症手術のため入院したところ、歩行、トイレ、入浴が不自由になり全介助状態に。認知症も進行して幻視症状も現れ、退院後の介護に不安を感じた奥様がホームを検討しています。

家族からの援助なし。エリアを広げれば、限られた予算内で入居できる老人ホームが見つかる!?

相談者は対象者の長男。対象者は80代男性。お酒好きで不摂生と飲酒のために入院中。治療してADL(日常生活動作)は改善したものの、独り暮らしに戻って再び不規則な生活になることを心配し、老人ホームの入居を希望していました。