熱中症で入院し中心静脈栄養(IVH)に。インターネットでホームを探すが、どこも入居拒否!どうしたらいいの?

独居の80代のお母様が熱中症で緊急入院。体力が落ちて口から食事が摂れずIVHによる点滴をしている状態ですが、退院を告げられホームを検討。しかし、娘様がご自分で探すも、ことごとく断られてしまいます。

インスリン投与にたん吸引、認知症を抱える父が大腿骨骨折で入院。退院後の行き先は?

80代の独居男性が大腿骨骨折で入院。糖尿病を抱えインスリン投与が必須ですが、認知症もあり退院後に自宅に戻るのは難しい状況です。ご家族は引き取れず、予算にも限りがある中、ホームを検討されています。

末梢点滴から胃ろうを造設。息子様は「もう一度口から食事を」と願い嚥下リハビリを希望

相談者は息子様。80代のお母様が脳梗塞で入院し、右半身にマヒが残った上、口から食事を摂ることができなくなり末梢点滴に。状態が安定した後、胃ろうを造設しましたが、ご家族は経口摂取を希望され、予算内でリハビリのできる施設を探しています。

パーキンソン病の母が入院。IVHとたん吸引が必要となり寝たきりに!一方、認知症の父も体調不良で入院!

70代で認知症のお父様とパーキンソン病のお母様。お2人で生活していましたが、それぞれが入院。お母様は誤嚥性肺炎が悪化して寝たきりに。IVHとたん吸引などの医療行為が必要になり在宅復帰は困難です。

元気といえども老老介護は大きな負担。寝たきりの母に必要なのは、お金には代えられない安心だった!

ご対象者は80代のお母様。誤嚥性肺炎で入院し、経鼻経管栄養が必要な寝たきりの状態です。退院後も介護が必要ですが、老いたお父様では難しいと考えた娘様がホームを検討。ご希望はお父様が通える範囲内でした。

前立腺ガン治療後に特殊な尿道バルーンカテーテルを装着。24時間看護スタッフ常勤のホームに入りたい!!

90代で独居のご対象者様は前立腺ガンで入院。治療後は夜間ケアが必要な特殊な尿道バルーンカテーテルを装着しています。入院中にADLが落ちて車イス生活となり、要介護度3に。退院後はホーム入居をご希望です。