ショートステイで老人ホームへのおためし入居は、回り道ではありません

入居者様は、60代の女性。パーキンソン病を抱えながら独り暮らしをしていましたが、症状が悪化し入院。症状は回復したものの、リハビリが必要なため退院後の入居先を探しています。ご家族の方は、気難しいお母さまが入居後合わないと言い出すのではないかとなかなか入居先が決められません。そこで、退院期日が迫っていたため、相談員がご提案させていただいのは、老人ホームへのショートステイ(短期入所生活介護)でした。ショートステイは介護保険法に規定されており、要介護・要支援認定を受けた方は保険が適用され1割負担で利用することができるのです。

熱中症で入院し中心静脈栄養(IVH)に。インターネットでホームを探すが、どこも入居拒否!どうしたらいいの?

独居の80代のお母様が熱中症で緊急入院。体力が落ちて口から食事が摂れずIVHによる点滴をしている状態ですが、退院を告げられホームを検討。しかし、娘様がご自分で探すも、ことごとく断られてしまいます。

老人ホーム入居を希望。保証人がいない場合はどうすればいいですか?

骨粗鬆症から歩行が困難になってしまった70代の独居女性。足が不自由になったことで友人との集まりに参加できず、不安や寂しさからホームへの入居を考え始めました。しかし、甥が保証人になることを拒否し、保証人がいない中での老人ホーム探しとなりました。

インスリン投与にたん吸引、認知症を抱える父が大腿骨骨折で入院。退院後の行き先は?

80代の独居男性が大腿骨骨折で入院。糖尿病を抱えインスリン投与が必須ですが、認知症もあり退院後に自宅に戻るのは難しい状況です。ご家族は引き取れず、予算にも限りがある中、ホームを検討されています。