父の間質性肺炎が悪化し在宅酸素が必要になりました。行動が制限されるなら老人ホームに入りたくないと、入居を拒否して困っています…

入退院を繰り返すお父様が、間質性肺炎で入院。退院後は在宅酸素が必要になり自宅介護は難しいと、息子様夫婦は老人ホームへの入居を希望されます。「老人ホームに入ったら行動が制限されるのでは」と、お父様は心配されましたが、基本的に在宅酸素で行動を制限さることはなく、設備の充実したきれいで快適な老人ホームを気に入り、入居することになりました。

入院中にADLが低下し車イス生活に!内縁の妻や息子に見放され、別居した正妻にも頼れない。退院後の生活はどうしたらいいの?

入院を機にADL(日常生活動作)が低下し車イス生活になった男性。かねてから関係性が冷え込んでいた内縁の妻と息子からは、退院後の介護拒否だけでなく縁も切られてしまいます。長く別居している正妻も頼れず、老人ホームへの入居手続きや保証人は、民間の保証会社にお願いすることになりました。

脳出血で軽いマヒ、加えて認知症も。希望は自宅に近いホームだが、予算が合わなければどうすればよいの?

脳出血で軽い半身マヒが残ってしまった70代男性。妻は仕事があるため、日中の世話が難しく自宅近くのホームを検討しています。しかし、予算が限られているため、近郊で候補となるホームが見当たりません。

脳梗塞に誤嚥性肺炎。母の介護を続けるなら娘は退職!?「これ以上、迷惑をかけられない」と母は老人ホームに入ることを決心!

90代のお母様は脳梗塞になりマヒが残りました。娘様が休職して介護にあたっていましたが、誤嚥性肺炎で再び入院。このままでは娘様は退職せざるをえない状況に。お母様は老人ホームへの入居を決断されました。

父が入る老人ホームを入院初期に家族で決定。しかし、退院間際にホームの経営母体が変更になり、選び直し!?

80代のお父様が転倒骨折で入院。認知症も進み、車イス生活に。お母様が介護するのは無理と判断。退院後、入居する老人ホームを娘様と決めていましたが、退院数日前に経営母体が変更。入居を断念。

家での転倒が増え、独居生活に自ら終止符!入居希望のホームは自宅の近辺で毎日の入浴が必須条件

要支援2の80代男性は独身で独居。70歳まで仕事一筋できたが、最近、家にいる時間が増え、転倒することが多くなった。救急車で運ばれたことも……。骨折や寝たきりになる前に老人ホームへの入居を考え始めた。

誤嚥性肺炎の人が入れる介護施設はありますか?

誤嚥性肺炎で入院中にADLが低下。対象者様は車イスで、誤嚥性肺炎のケアも必要です。そこで選定したのは、「ST(言語聴覚士)による嚥下機能の訓練」が受けられる老人ホーム。また、誤嚥性肺炎と関係の深い「口腔ケアが充実」している老人ホームにも注目しました。どちらも、自力で食事をしたいという気持ちに寄り添ってくださる老人ホームかどうかの見極めにとても大切です。最後に症状が進んでしまった場合も考慮して、たん吸引に対応できる24時間看護付きも視野に入れ、入居先の候補を何件か挙げさせていただきました。

独居の父が抗がん剤の通院治療に!体力や食欲も低下。病院に近くて食事がおいしい老人ホームを検討したい!!

70代のお父様が体調不良で入院した際、ガンが発覚。5クールの抗がん剤治療を受けることになりますが、2クール目から通院治療に。副作用もひどいため、お父様の独居生活に医師と娘様が待ったをかけました。