有料老人ホーム紹介センター

あいらいふ入居相談室

平日/9:00~20:00
土曜/9:00~18:00

退院支援のときに、
患者様へご説明するための本
『退院ハンドブック』

退院後の、医療・介護サポート体制がわかります

~転院、老健、ショートステイ、介護医療院、
老人ホーム、サ高住、など他多数~

『退院ハンドブック』無料お申し込み

『退院ハンドブック』をキャンペーンにて
[期間限定] 無料プレゼント中

退院ハンドブックは退院支援ご担当者様が患者様やそのご家族様へ退院時のご説明をする際にお役立ていただけるツールとして設計させていただいております。現在、あいらいふ入居相談室にて、冊子のお取り寄せを承っておりますので、ぜひこの機会にお申込みください。

主なコンテンツ

・退院時のお悩み解決します!!

ー医療、リハビリ、認知症に強いホームの見分け方

・気になるお金の問題。退院後にいくらかかるの?

ー自宅療養にかかる費用の目安

ー老人ホームで100歳まで過ごすとき

・公的サービスの「種類」と選び方

・退院の準備をはじめる

・医療重度者を受け入れるホームの実際、など

お電話でのお申込みはここをタッチ
無料お申込み
矢印

内容をちょっとだけご紹介

退院後自宅療養中/自宅介護中の高齢者のいる家庭がコロナ禍を乗り切るには︖

増補改訂第10版となる今回のシーズン特集は、「緊急事態宣言再発令自宅介護の限界ふたたび︕︖」です。2度目の緊急事態宣言。昨年の春のような状況が再び起こるのでしょうか。様々な教訓を得た今、老人ホームでは面会の自粛や禁止はあるものの、受け入れそのものをストップするような動きは確認されていません。コロナ禍の老人ホームでは、どのような感染対策を行っているのでしょうか。一方、家庭内感染が増えている現状、自宅での対策は万全でしょうか。高齢者がいる家庭では、どのようにこのコロナ禍を乗り切ればよいのでしょうか。

退院後自宅療養中/自宅介護中の高齢者のいる家庭がコロナ禍を乗り切るには

おすすめコンテンツ

「自宅介護の限界」を迎える前に! 知っておきたい自宅以外の選択肢

「介護をする人・される人」が互いに最適な判断をするために、退院後の選択肢をナビゲーションします。

老人ホームの「医療ケア」は、どこまで対応してくれるの?

医療ケアに強い、老人ホームの見分け方を詳しく解説します。

他にも役立つ情報が掲載されてます!

総額でどのくらい?の疑問に回答
老人ホームにかかる費用の目安

100歳までの支払額を、2つの例でシミュレーション。「その他費用」についても、明らかになります。

家に戻ったら、どれくらいかかる?
自宅療養にかかる費用の目安

「医療保険×介護保険で、毎月の支払額は?」のお悩みを解決。ケアプランの事例から、おおよその目安がわかります。

・「早期退院」のメリット

・介護保険制度を利用する

・自宅療養のサポート体制

・自宅療養にかかる費用の目安

・老人ホームにかかる費用の目安

など、他にも実用的な介護情報をご案内しています。

ご高齢者が入院したときに読む本。
『退院ハンドブック』を無料プレゼント

退院ハンドブック(無料)
お申し込みフォーム

法人名[必須] 例:あいらいふ総合病院

お名前[必須] 例:山田太郎

ご住所[必須] 例:東京都千代田区岩本町3-2-4

建物名・号室[任意]

電話番号[必須] 例:09011111111

メールアドレス[必須] 例:info@i-life.jp

お取り寄せ希望部数[必須]
※50個以上の場合はご相談ください

備考[任意] 

『あいらいふ別冊・老人ホーム退院ハンドブック』[2021年2月]
【発行部数】3万部