タイトル画像

自宅介護の処方せん ~専門家集団に聞いて歩けば~

― 医療ソーシャルワーク室だより ― Vol.1

不安を安心、限界を可能性に変える「医療ソーシャルワーカーの退院支援」

インタビュイー写真

早稲田大学 大学院 人間科学研究科  博士後期課程 ・ 医療ソーシャルワーカー

影山康博

早稲田大学人間科学部卒業。アメリカ合衆国にて大学院正規留学。早稲田大学に在籍する一方、救急医療機関の医療ソーシャルワーカーとして勤務。日本医療マネジメント学会、日本看護福祉学会、日本保健福祉学会に所属。社会福祉士国家資格を保有。日総研出版発行の隔月刊誌、『地域連携 入退院と在宅支援』でも連載原稿を執筆中、監修も行う。

 2次・3次救急医療機関(注1)には、それまであたり前のように自宅で生活されていた方が、傷病を患い、救急搬送されてきます。そして、今後は自宅介護が必要となり、以前までの生活が一変すると感じて、大きな不安を感じる患者様やご家族がいらっしゃいます。また、自宅で介護をしていたが、患者様の入院中に「自宅介護はもう限界」と感じられるご家族もいらっしゃいます。

 

 

「どうすればいいかわからない」。そんなときに相談してください

 

 

 2次・3次救急医療機関の急性期病棟(注2)を担当する医療ソーシャルワーカー(Medical Social Worker 以下、MSW)のところには、こうした方々が、どうすればいいかわからず、日々、相談に来られます。多種ある病棟と比較すると、このような相談が多いのは、2次・3次救急医療機関にある急性期病棟の特性と言えます。
 急性期病棟MSWの主たる仕事は退院支援ですが、そこには様々な心配事や問題の軽減・解決に向けた支援も含まれています。自身や家族が傷病を患うことで、自宅介護、日常生活、人との関わりなど、いろいろな事柄に不安や限界を感じることは、誰にでも起こり得ます。そんなときは、私達、MSWに話を聴かせてください。そして、「どうすればいいかわからない」と相談してください。不安を安心に、限界を可能性に変えられるよう、一緒に考えさせていただきます。
 私は、困ったときや悩んでいるときだけでなく、楽しいときや嬉しいときにも、「話したいMSWがいる」と想っていただける存在でありたいです。

 

 

(注1)2次救急医療機関は、入院治療や手術が必要な重症患者に対して救急医療を行う。3次救急医療機関は、2次救急医療機関では対応できない一刻を争う重篤な患者に対して救急医療を行う。
(注2)急性期病棟は、重症で緊急な治療が必要な患者に対して、入院治療・手術・検査など、専門的で高度な医療を行う。基本として短期入院となる病棟。

 

 

※月刊あいらいふ2017年10月号を再掲載したものです。

 

 

2017.10 あいらいふ 掲載

取材: あいらいふ編集部 / 撮影: 近藤豊

  • 他の記事を読む
お電話でのご相談 お電話でのご相談