有料老人ホーム紹介センター

あいらいふ入居相談室

mail

有料老人ホーム紹介センター

平日/9:00〜20:00
土曜/9:00~18:00

  • TEL
  • mail

老人ホーム探しなら、月刊あいらいふ。
みんなが使っている介護情報誌 無料でお送りしています!

あいらいふ12月号
mark主なコンテンツ

【特集1】:今なら間に合う「年内入居」〈下〉
「在宅介護の限界を示すサインは、どこなのか?」
1:「退院支援の現場を歩く」Vol.8  「急性期病院の退院支援看護師」が考える退院支援
2:私の「介護・医療記事」の読み方
3:マイライフ・インタビュー:麻木 久仁子さん など

入院は、病院関係者を巻き込んで、今後の医療や介護の方向について、整理する機会ととらえるとよいですね。

  • フリーダイヤル0120007097
  • 無料申し込み
矢印

今月号の内容をちょっとだけご紹介

あいらいふ目次
相談員

【特集1】:今なら間に合う「年内入居」〈下〉
「在宅介護の限界を示すサインは、どこなのか?」
1:「退院支援の現場を歩く」Vol.8  「急性期病院の退院支援看護師」が考える退院支援
2:私の「介護・医療記事」の読み方
3:マイライフ・インタビュー:麻木 久仁子さん など

など、今月も実用的な介護情報をご案内します。

今月のおすすめコンテンツ

矢印

特集1:今なら間に合う「年内入居」〈下〉「在宅介護の限界を示すサインは、どこなのか?」

特集1:今なら間に合う「年内入居」〈下〉「在宅介護の限界を示すサインは、どこなのか?」

今回は、現在までのあいらいふ入居相談室の事例から、「在宅介護の限界を決断するサイン」がどういうものであるかを整理。以前からあいらいふの本誌や別冊で紹介している11個のサインに、要介護者と主介護者の外部との関わりにまで視野を広げた、さらなる2個のサインを追加しました。また、介護施設を運営する専門家に、「在宅介護に限界を感じてホーム入居を決断した方の実際の状況」を聞きました。

「退院支援の現場を歩く」Vol.8  「急性期病院の退院支援看護師」が考える退院支援

「退院支援の現場を歩く」Vol.8  「急性期病院の退院支援看護師」が考える退院支援

東邦大学医療センター佐倉病院の医療連携・患者支援センター・入・退院支援部門で、看護師長をつとめる林 弥生さん。12年前、退院の目途が立たず長期間入院したままの患者様を多く見た時に感じた「限界」。その後大学に戻り、看護を学び直す間に感じたことは…。病院に戻り、入退院支援部門の開設に携わり、今、入院、退院時の介護者へアドバイスしたいことは…。

私の「介護・医療記事」の読み方(44)

『ケアのカリスマたち―― 看取りを支えるプロフェッショナル 』(上野 千鶴子著 亜紀書房)

『ケアのカリスマたち―― 看取りを支えるプロフェッショナル 』(上野 千鶴子著 亜紀書房) 「おひとりさま」の自分でも、最期まで家で暮らせるのか。社会学者の上野 千鶴子さんが、在宅ケアや在宅医療分野の最先端にいる11人の方々にその問いをぶつけた対談集。「介護職は、専門技能を持ったプロの仕事。医師とケアワーカーの社会的価値を逆転させる」との思いで本書を企画し、編集を担当した亜紀書房の小原 央明さんに聞きました。

  • フリーダイヤル0120007097
  • 無料申し込み
Interview

今月のマイライフ・インタビュー今月のマイライフ・インタビュー

82歳でも、『髪型を変えてみたのだけれど』と楽しそうな母。元気の源は、変化を楽しむことなのかもしれません」

マイライフ・インタビュー
麻木 久仁子さん

48歳の時に、突然、脳梗塞を発症、その2年後には、乳がんを経験した麻木久仁子さん。病気をきっかけに、食事から健康を考える薬膳を学び始め、現在では、クッキングアートセミナーで薬膳講師を務めるようにもなっています。そんな麻木さんに、「病から学んだこと」「同居するお母様のこと」、そして、「人生100年時代の思い」などをうかがいました。

他にも役立つ情報が掲載されてます!

  • 受入れ実績・体制がひと目でわかる

    有料老人ホーム・高齢者住宅リスト
    有料老人ホーム・高齢者住宅リスト

    首都圏近郊の「老人ホーム」選びの、ご相談、施設のご紹介、見学同行…すべて無料!

    →困ったことから探したい
    →場所で探したい
    →料金で探したい
    →介護体制で探したい
    →受入れ条件で探したい
    お気軽にご相談ください!きっと希望に合うホームが見つかります。

  • お役立ちガイド 高齢期の住まい

    住まい選びフローチャート

    初めて老人ホームを選ぶ際には、不安も戸惑うこともあるでしょう。
    なにを優先したいか、どんなお悩みがあるのか…。
    「最良のホーム」の基準は、人によって違います。
    まずはどんなホームがあるのか、フローチャートで情報を整理してみませんか。

  • 相談員が語る「老人ホーム見学術」

    ニオイを感じさせない「長期運営ホーム」は、大推薦
    相談員が語る「老人ホーム見学術」

    50人体制の相談員が、「よい老人ホームの見分け方」をご案内いたします。

有料老人ホームをお探しなら
月刊介護情報誌あいらいふ

フリーダイヤル0120007097

月刊あいらいふ 無料お申し込みフォーム

月刊あいらいふ
無料お申し込みフォーム

  • お名前必須
  • フリガナ必須
  • 郵便番号必須
  • 住所を自動入力
  • ご住所必須
  • 建物名・号室任意
  • 電話番号必須
  • メールアドレス必須
  • 現状のお困りごとをご記入ください任意

月刊介護情報誌『あいらいふ』編集部
【誌名】『あいらいふ』2019年12月号
【発行部数】6万部
【配布場所】市区役所高齢者介護担当窓口・社会福祉協議会・地域包括支援センター・居宅介護支援事業所・訪問看護ステーション・病院・薬局など1万か所


【バックナンバー】 ※ご希望の号数をお知らせください。
6月号 表紙:蝶野 正洋さん
 特集:「リハビリに強いホーム」の見分け方
7月号 表紙:稲川 淳二さん
 特集:老年看護の専門家に聞く 退院時、在宅を選んだ介護者に知って欲しい疾病に関する「心構え」
8月号 表紙:清水 宏保さん
 特集:人生100年時代の「口腔ケア」を考える
9月号 表紙:財前 直見さん
 特集:介護者は、なぜ、「在宅介護」で疲弊するのか?
10月号 表紙:新田 恵利さん
 特集:介護者は、なぜ、「在宅介護」で疲弊するのか?(2)
11月号 表紙:竹中 平蔵さん
 特集:今なら間に合う「年内入居」〈上〉