父が転倒して骨折しました。認知症が急激に進んでしまい自宅に戻ることができません

自宅で転倒して骨折した90代のお父様は、ADLが低下し、さらに認知症も重くなりました。このままでは自宅に戻れそうもないと老人ホームを探し始めますが、娘様と息子様の意見が食い違い、老人ホーム探しが難航。そこで、決定権者を1人にすることを提案しました。その後はスムーズに進行し、無事にご入居されました。

脳出血で軽いマヒ、加えて認知症も。希望は自宅に近いホームだが、予算が合わなければどうすればよいの?

脳出血で軽い半身マヒが残ってしまった70代男性。妻は仕事があるため、日中の世話が難しく自宅近くのホームを検討しています。しかし、予算が限られているため、近郊で候補となるホームが見当たりません。

87歳でもパワーリハビリを希望! 穏やかに過ごしてもらいたいと願う子の価値観だけでホームを決めてほしくない!

ご対象者様は、大腿骨骨折をした87歳の独居女性。自立心が強く、誰の世話にもなりたくないと息子様との同居を断固拒否。息子様は介護重視、ご本人はリハビリやレクリエーション重視でホームを探しています。

デイサービスを利用中の父。過保護な介護サービスで身体は衰える一方

ご対象者様は90代の男性。誤嚥性肺炎で嚥下機能が弱り、両手首の骨折で手もうまく使えない状態です。デイサービスを利用中ですが、過保護な介護で体は衰退の一途。りハビリができるホームをご希望です。

骨折で入院中の父、認知症が進行。退院後は老人ホームに入居したい。

90代のお父様は、骨折で入院中。退院日が決まり、娘様はリハビリに強い老人ホームを探していました。しかし、お父様は身体機能が著しく衰え、認知症も進行。リハビリは困難ですが、娘様はあきらめられません。相談員からは、リハビリに特化した施設と、生活リハビリメインで医療連携の強いホームを提案しました。

注目!実家の母が心配!居間で転倒したまま、身動きのとれない母を発見。

ご対象者様は、独居で80代後半の女性。娘様が帰省した際、居間で転倒したままのお母様を発見。ケアマネジャー様に連絡すると、家での転倒は度々であると報告を受けビックリ!すぐにお母様の老人ホーム入居を検討します。独居で転倒が度重なるようになったら、そろそろホーム入居を検討するサインです。