NEW転倒骨折で入院!リハビリに励み、寝たきりから自宅復帰を叶えたい母

70代のお母様が頚椎を骨折。入院を機にADLが著しく低下し、要介護4の寝たきりの状態になってしまい食事もできない状況に。息子様は老人ホームへの入居が最善と考えますが、娘様とお母様はリハビリに期待し、自宅での生活を強く希望。意見がなかなかまとまりません。

介護度や必要なケアの異なる夫婦が、一緒の老人ホームに入るのは無理?

パーキンソン病を抱える80代のお母様。最近は足腰が弱り歩行も困難な上、服薬のタイミングを逸し、自宅で倒れてしまいました。独居なため不安になった娘様たちは老人ホームを検討。特別養護老人ホームに入所していたお父様も住み替え、一緒に同じホームへ入ることで、二重の安心を得ることができました。

自由気ままな独り暮らしを謳歌したい90代の母が肺炎で入院。ADLが低下して自宅生活は無理だが、老人ホーム入居は断固拒否!

独居の90代のお母様は風邪をこじらせて肺炎で入院。ADLが低下してしまい、ご家族様は退院後に老人ホームへの入居をすすめますが、お母様は「絶対に行きたくない」と断固拒否されています。

独居の父が抗がん剤の通院治療に!体力や食欲も低下。病院に近くて食事がおいしい老人ホームを検討したい!!

70代のお父様が体調不良で入院した際、ガンが発覚。5クールの抗がん剤治療を受けることになりますが、2クール目から通院治療に。副作用もひどいため、お父様の独居生活に医師と娘様が待ったをかけました。

要介護2で認知症の身寄りのない独り暮らし。ホーム入居を拒み続けるご本人様が入院中に感じたことは?

ご対象者様は、80代の独居女性で要介護2。耳の聞こえがよくない上、認知症が進み、徘徊や火の始末にも不安が生じるように。身寄りがないため成年後見人が老人ホームへの入居をすすめますが、応じようとしません。

ガンで入院中の50代の夫。退院後、家に戻りたくても玄関先に階段があり車イスでの移動ができない!

50代の男性はガンで入院。退院が決まりましたが、家の前に階段があるため車イスで移動することができません。そのためリハビリの充実した老人ホームに入り、歩けるようになって家に帰ることをご希望です。

地域包括ケア病棟から自宅復帰を目指すも認知症の進行で断念!退院日も早まりどうしたらよい?

ご対象者様は90代の女性で独居。大腿骨頸部骨折で急性期病院に入院後、自宅復帰を目指し地域包括ケア病棟に転院。しかし、認知症が進み、物盗られ妄想がひどいため2週間後の退院を勧告されます。

転倒骨折で入院、退院後に独り暮らしは難しい。地元でリハビリに強い老人ホームを探してほしい

談者は対象者の長男。対象者は70代女性で独り暮らし。以前、老人ホームを検討して見送ったものの、その後、自宅で転倒骨折して入院。退院後に自宅へ戻ることは難しかったため、リハビリに強い老人ホームの入居を希望していました。