大腿骨頚部骨折の父が老健でリハビリ中です。退所が決まったのですが、もっとリハビリができる老人ホームはありますか?

80代のお父様が大腿骨頚部骨折で入院。介護老人保健施設のリハビリでかなり回復し退所が決まりましたが、まだ一人で歩くのは難しい状態で見守りが必要です。そこで老人ホームで積極的にリハビリをして自宅に戻ることを希望。理学療法士の個別、集団リハビリが可能な老人ホームへの入居を決めました。

70代の母が転倒し頚椎骨折。退院後は自宅に戻りたいと言うが…

70代のお母様が頚椎を骨折。入院を機にADLが著しく低下し、要介護4の寝たきりの状態になってしまい食事もできない状況に。息子様は老人ホームへの入居が最善と考えますが、娘様とお母様はリハビリに期待し、自宅での生活を強く希望。意見がなかなかまとまりません。

母の介護、欠勤続きで介護離職寸前。お互いのストレス緩和のため、すぐ老人ホームに入りたい!

70代のお母様は持病の腰痛がひどく、一人では身動きできなくなることがしばしば。息子様が仕事を休んで介護していますが介護休暇、介護休業も使いきり、これ以上の欠勤はできないと悩んでいらっしゃいます。

骨折で入院中の父、認知症が進行。退院後は老人ホームに入居したい。

90代のお父様は、骨折で入院中。退院日が決まり、娘様はリハビリに強い老人ホームを探していました。しかし、お父様は身体機能が著しく衰え、認知症も進行。リハビリは困難ですが、娘様はあきらめられません。相談員からは、リハビリに特化した施設と、生活リハビリメインで医療連携の強いホームを提案しました。

介護老人保健施設(老健)を退所後、自宅復帰のため、リハビリできる老人ホームを探したい

ご対象者様は、80代の女性。身体機能の衰えから、歩行が困難になり入院しました。退院後は介護老人保健施設(老健)に入所。退所を控えていますが、家に戻れる状態ではありません。自宅復帰を叶えるため、リハビリの強い老人ホームを紹介しました。

入居金0円、月額利用料は10万円台の老人ホームを探しています

2週間後に退院を控えたお父様は、家に近い老人ホームへの入居を検討中。息子様の希望は「家の近所で、入居金0円、月額利用料は10万円台」のホーム。しかし、実際の相場とは約4倍の開きがあるため、エリアを広げて選定しました。相談者の息子様は、一度は承諾したものの、遠過ぎて頻繁には通えません。

脳挫傷で嚥下障害の父、嚥下訓練をしてくれる老人ホームはどうやって探せばいいのでしょうか?

80代のお父様は、転倒による脳挫傷で入院。嚥下障害のため、ペースト食です。娘様は、好物のうなぎを食べられるようになることを望んでいました。そこで、嚥下訓練を行うことのできる老人ホームをご紹介しました。