とにかく予算を重視!安く入れる老人ホームを希望します!認知症の母が入院したら介助が必要になったのですが、年金も貯金もほとんどありません。

レビー小体型認知症の90代のお母様が、突然の発熱で入院。熱が下がったため退院を伝えられますが、治療中はベッドで寝たままだったため要介護4まで状態が落ちてしまいました。娘様は仕事をしていて介護は無理。貯金も年金もないことから、都心に比べて利用料が安価な郊外の老人ホームへの入居を決めました。

家族からの援助なし。エリアを広げれば、限られた予算内で入居できる老人ホームが見つかる!?

相談者は対象者の長男。対象者は80代男性。お酒好きで不摂生と飲酒のために入院中。治療してADL(日常生活動作)は改善したものの、独り暮らしに戻って再び不規則な生活になることを心配し、老人ホームの入居を希望していました。

デイサービスを利用中の父。過保護な介護サービスで身体は衰える一方

ご対象者様は90代の男性。誤嚥性肺炎で嚥下機能が弱り、両手首の骨折で手もうまく使えない状態です。デイサービスを利用中ですが、過保護な介護で体は衰退の一途。りハビリができるホームをご希望です。

介護老人保健施設(老健)を退所後、自宅復帰のため、リハビリできる老人ホームを探したい

ご対象者様は、80代の女性。身体機能の衰えから、歩行が困難になり入院しました。退院後は介護老人保健施設(老健)に入所。退所を控えていますが、家に戻れる状態ではありません。自宅復帰を叶えるため、リハビリの強い老人ホームを紹介しました。

認知症の母は、老人ホームへ体験入居するが、問題行動で受入拒否。

ご対象者様は、80代の女性。認知症の悪化で入院。退院が決まり、娘様はお母様が入れるホームを探し、体験入居にこぎつけました。しかし、お母様は暴言や徘徊など問題行動を起こし即日退去。受入先がなかなか見つかりません。そこで、相談員がご紹介したのは「家の近くで認知症の個別ケアが手厚く、精神科の往診のあるホーム」と「家庭的な雰囲気でレクリエーションが活発で、家からは少し離れているホーム」の2軒です。

一人暮らしの不安と寂しさから自ら老人ホームを検討するが、合った施設が見つからない

ご対象者様は、80代で独居の女性。妹様が少し離れた所にいますが、今の生活に不安が募り自らホームを探し始めます。しかし、介護度と年齢だけで判断され、紹介されるホームは、ご自身の住みたい場所ではありませんでした。相談員は「元気なうちは自分で食事を作りたい」という気持ちに沿ったミニキッチン付きのサービス付き高齢者向け住宅等を提案しました。

母が入居する老人ホームを息子夫婦が仮予約するも、叔母の反対意見でご破算に

ご対象者は、息子様家族と2世帯住宅で暮らす80代のお母様。普段の生活は別々です。お母様は足腰が弱って、ショートステイへ。退去日が迫り、息子様は近所のホームを仮予約しますが、叔母様の異見でご破算に。相談員を交えて、家族会議を行い、新たな施設を選定しました。