母は認知症、妹は引きこもり。脳出血で倒れた私のこの先は?

脳出血により救急搬送された男性。左半身のマヒと高次脳機能障害で生じた症状、そして家族の生活を憂いながらも、リハビリを続けています。しかし入居中の老人ホームは高く、払い続けられません。そこで、接骨院が母体の住宅型有料老人ホームへ住み替え、熱心な院長のもとでリハビリに励むことになりました。

脳梗塞で回復の見込みはないと言われたが、リハビリして自宅に戻りたい

60代女性で夫婦二人暮らし。脳梗塞の後遺症で半身マヒになりましたが、まだ年も若く認知症の症状もないため、老人ホームでリハビリをして自宅復帰を強く希望。ご主人様と息子様は老人ホームのリハビリについて知りたがっていました。