65歳の父が大動脈解離で心肺停止、脳にダメージを受け要介護5に。言語聴覚士の嚥下リハビリを受けたい!

お父様は、大動脈解離により脳にダメージを受け要介護5に。マヒが残ったため胃ろうを造設しましたが、せめて口から食べる生活を取り戻してほしいと、嚥下リハビリが受けられる老人ホームへの入居を強く希望されました。病院ではこれ以上の回復は見込めないという判断でしたが、一縷の望みを託し、言語聴覚士による嚥下リハビリを積極的に行っている老人ホームへご入居されました。

介護度や必要なケアの異なる夫婦が、一緒の老人ホームに入るのは無理?

パーキンソン病を抱える80代のお母様。最近は足腰が弱り歩行も困難な上、服薬のタイミングを逸し、自宅で倒れてしまいました。独居なため不安になった娘様たちは老人ホームを検討。特別養護老人ホームに入所していたお父様も住み替え、一緒に同じホームへ入ることで、二重の安心を得ることができました。

脳出血で発語や嚥下機能に障害が。楽しみを失った母をどうにか元気づけたい

脳出血で倒れた80代のお母様。全介助となり言語障害が出たうえ、食事もミキサー食となってしまいました。ご家族は、食べることと歌うことが好きだったお母様のために、何らかの楽しみを見いだせる暮らしを希望しています。

脳梗塞で片麻痺!片手だけでも上手に使えるようにリハビリを続けたい!!

ご対象者様は80代の男性。脳梗塞で入院。片麻痺になりほぼ全介助の状態。リハビリ病院に移りましたが退院日を控え、リハビリが継続できるホームに入って片手だけでもうまく動かせるようになることをお望みです。

パーキンソン病の持病があり誤嚥性肺炎で入院。在宅復帰を目指して老人ホームに入居したい

相談者は対象者の奥様。対象者は90代男性で夫婦2人暮らし。パーキンソン病の持病があり誤嚥性肺炎で入院、ペースト状の食事が必要に。奥様も持病があり自宅での介護が困難なことからホームの入居を検討しました。

お母様の認知症が進み徘徊も。父は自宅介護に固執し、老人ホーム入居を断固拒否。

お母様は、80代で認知症。普段はご自宅でお父様がお母様の介護をしています。老老介護のお父様の疲労困ぱいぶりを心配して、近所に住む息子様はお母様のホーム入居を検討しますが、お父様の同意は得られません。そこで、相談員がお父様とお母様をホーム見学にご招待。実際に見ることでお父様も納得し、ご自宅近くのホームの検討を始めることとなりました。