老人ホームの怠慢で褥瘡がひどくなったと憤っている娘は住み替えを希望。しかし、寝たきりで褥瘡治療の通院もあり、受け入れ先がなかなか見つからない!?

80代のお母様は要介護5で寝たきり状態。ホームに入居していましたが褥瘡がひどくなり治療が必要に。娘様はホームの対応の悪さが原因と住み替えを希望しましたが、医療依存度が高すぎて受け入れ先が見つかりません。

入院生活で、床ずれが。最終目標は自宅復帰!

80代のお父様は、肺と血液の病気で入院。足に床ずれができたため、車イスでの生活を余儀なくされます。最終目標は自宅復帰ですが、娘様はそこに至るまでに、お父様がリハビリのできる老人ホームを探しています。まずはホーム見学へ。機能訓練指導員が複数常勤し、リハビリの時間以外にも屋上で外気浴が楽しめるホームと、理学療法士(PT)と作業療法士(OT)が常勤し、病院への送迎が無料のホームの2軒を見学しました。

床ずれと在宅酸素療法により、老人ホームからの受け入れ拒否

80代のお母様は、肺の病気で入院。その後は在宅酸素が必要になりました。住んでいた特養に戻ることは難しく、遠方に住む次女様は、自力でホームをお探し中でした。しかし、医療依存度の高い人でも入れるホーム探しは難しく、老人ホームから断られてしまったとのこと。自分で探してうまくいかないときは、老人ホーム選びの専門家にご相談ください。