父が転倒して骨折しました。認知症が急激に進んでしまい自宅に戻ることができません

自宅で転倒して骨折した90代のお父様は、ADLが低下し、さらに認知症も重くなりました。このままでは自宅に戻れそうもないと老人ホームを探し始めますが、娘様と息子様の意見が食い違い、老人ホーム探しが難航。そこで、決定権者を1人にすることを提案しました。その後はスムーズに進行し、無事にご入居されました。

本人面談でまさかの入居拒否!一体その理由とは?

転倒骨折で入院した70代のお母様。入院中にADL(日常生活動作)低下や認知症状が思った以上に進んでしまいました。しかし、ご家族様の面会は毎回短時間で、その時にはしっかりしていたことから、実情を把握できていなかった様子。結果、老人ホームの本人面接で入居拒否となり、困っています。

老人ホームの生活は想像つかないなあ、まだいいかな」と言う父。体験入居後に変化が……

90代のご両親は、お父様がお母様をお世話する老老介護。転倒骨折を機に入院したお母様は老人ホームへ入居。娘様は高齢のお父様の独り暮らしも心配。お父様は未知の老人ホーム生活には後ろ向きですが、お母様のホーム順応を気に掛け、体験入居を快諾。そこで新たな居場所を見つけます。

「5日後に老人ホームに入りたい」というのは、やっぱり無理でしょうか?

80代の独居男性が大腿骨を骨折して入院。入院生活でADLが落ち認知症も重くなったため、ご家族様は老人ホームへの入居を希望します。しかし、自分達で探すものの見つけることができず、そうこうしているうちに退院予定日は5日後に迫ります。急遽あいらいふ入居相談室が受入れ先を手配し、即入居していただくことができました。

軽い認知症はあるが多趣味で元気な母が気に入る老人ホームってある? 友達も多いから接待用に共用部分にはこだわりたいです。

軽い認知症を持つ90代のお母様は転倒して腕を骨折。入院中にADLが低下し、息子様夫婦に迷惑をかけたくないと、自ら老人ホームに行くとおっしゃいます。趣味や急な来客でも安心して対応ができる、ホテルのような豪華な共有スペースを持つ老人ホームへの入居を決めました。

父が入る老人ホームを入院初期に家族で決定。しかし、退院間際にホームの経営母体が変更になり、選び直し!?

80代のお父様が転倒骨折で入院。認知症も進み、車イス生活に。お母様が介護するのは無理と判断。退院後、入居する老人ホームを娘様と決めていましたが、退院数日前に経営母体が変更。入居を断念。

家での転倒が増え、独居生活に自ら終止符!入居希望のホームは自宅の近辺で毎日の入浴が必須条件

要支援2の80代男性は独身で独居。70歳まで仕事一筋できたが、最近、家にいる時間が増え、転倒することが多くなった。救急車で運ばれたことも……。骨折や寝たきりになる前に老人ホームへの入居を考え始めた。

老健退所日が迫る父!娘は寝たきり!義理の息子は父を自宅で見る余裕がない!!年金内でホーム探しできるといいが……

ご対象者様は独居で80代の男性。右腕を骨折し入院。老健に移り退所日が迫っています。娘様がいますが難病で寝たきり。娘の夫である義理の息子様が主介護者に。お父様を引き取って見ることは困難です。