胃ろうでもリハビリを継続し、口から食事を摂れるようにしたい。

お父様は、脳梗塞で重度の嚥下障害になり胃ろうを造設。リハビリ病院で嚥下訓練を行い、ゼリーを食べられるまでに改善しました。娘様は、お父様が口から食べられるようにリハビリができるホームを探しています。 相談員は実際に経口摂取になったご入居者様のいるホームで、入居費を抑えつつ、外部のリハビリサービスを利用する方法を提案しました。

経鼻栄養で将来は胃ろうの可能性も。口から食べられるようになりたい!

80代のお父様は、うつ病と認知症あり、娘が目を離したすきに食事を一気に口に入れ、一時心肺停止に。命は助かりましたが、誤嚥(ごえん)性肺炎のため食事が困難となり、経鼻栄養となりました。経鼻栄養は一時的なもので、口から食べられない場合、胃ろうを検討することになります。娘様が選んだのは、嚥下(えんげ)リハビリがあり、胃ろうにも対応できるホームでした。

硬膜下血腫で入院中の80代の姉!独り暮らしで自宅に戻れないが、どんな老人ホームを選べば良いかわからない?

独り暮らしの80代の姉が硬膜下血腫で入院後、自宅復帰が困難になり、老人ホームに入ることを希望されました。独身なので弟様が保証人ですが、どんな老人ホームが良いかわからず、あいらいふ入居相談室にご相談に来た時のことです。

老健から有料老人ホーム!退院後の施設について、意見が分かれた場合は。

長男様と2人暮らしのお母様は、入院中に日常生活動作が低下し、車イス生活になってしまいます。長男様には仕事があるため、「認知症を患っている母が、日中1人だと心配」になり老人ホームを探しはじめました。しかし、長女様は、老健(介護老人保健施設)でのリハビリを希望し、有料老人ホームを探している長男様とは意見がわかれてしまいました。そこで、相談員は、「まずは老健に入所してはどうか」と提案。このままホームに入居しても、長女様の心にしこりが残ってしまうためです。家族間で意見が対立したときは、第三者を間に入れると話がまとまりやすくなることもあります。

透析治療中で通院が必要な母が選んだ老人ホームは?

80代のお母さまは、腎不全のため入院し、退院後、独り暮らしのご自宅に戻るのは難しい状況となりました。治療のため週3回の通院が必要となり、近隣で透析クリニックを紹介してくれるホームをご希望です。しかし、対面相談で詳しくお話をうかがうと、お母様は何より妹様が会いに来やすい「立地」への思いが強いことがわかりました。

妻が骨折で入院。老老介護の夫は、妻の老人ホーム入居を拒否

80代の奥様は、骨折で入院後、早急に退院が決定。旦那様はパーキンソン病で要介護状態です。奥様の自宅復帰は難しいので、老人ホームを検討しますが、旦那様は猛反対。奥様は退院後の行き先を探すこともできません。そこで、無理を承知で相談員が自宅へ訪問をしましたところ、旦那様にお時間をいただくことができました。緊急性の高い入居は、相談員を介すと見学から入居までの手続きも早くスムーズに運びます。

年金で入れる老人ホーム!月額20万円以内で入りたい、でも、失語症のリハビリをしたい?

旦那様は、70代で夫婦2人暮らし。それまでは元気で仕事もしていましたが、あるとき、脳梗塞で倒れて失語症に。奥様は体力的に夫の介護は無理と判断し、年金(月20万円)の範囲で入れる老人ホームを探すことにしました。ですが、失語症のリハビリを行うST(言語聴覚士)さんがいる老人ホームは少なく、月額も予算をオーバーする為、改めて、老人ホームで、どのような生活をしたいかを整理することに。

過去にリハビリ最優先で豪華なホームを選び失敗、おじに同じ思いはさせたくない

ご対象者は、90代男性。病気で入院中でしたが、退院後に入る老人ホームを検討していたなかで、主介護者が変更。新しい主介護者には、身内の介護時に、リハビリ最優先でホーム選びに失敗した苦い過去があり、本人に合った施設を探しました。

認知症の母への父からの暴言。母は「入居金0円」で老人ホームへ避難。

80代の奥様は、旦那様と2人暮らし。奥様に認知症の症状が出はじめると、旦那様からの暴言が増え、ストレスをかかえた奥様は入院してしまいます。相談者の娘様は、緊急避難的に入れる老人ホームを探していました。緊急性が高いと判断した相談員は、「0円で入居」して、老人ホームで様子をみるという選択肢をご提案。入居金・月額型は途中変更が可能。急ぎの場合は入居後に検討することもできます。