脳梗塞で要介護5の40代。退院後の施設選びはどうすればいい?

40代の娘様が脳梗塞で入院。片麻痺で要介護5の寝たきり状態に。治療を終え、退院日がせまっていても、お母様は次に移る施設を決めないまま。退院勧告にも応じようとしません。しかし、辛抱強く話し合いを続け、施設見学へ。赴いた先で、お母様は若い入居者様の様子をご覧になり、大いに安心します。

早急の退院を迫られた父!退院後の施設に早く入れる方法はあるの?

80代のお父様は脱水症状で入院したものの、治療が終わり、病院からはすぐに退院を迫られることになりました。時間も費用もありませんが、ご家族の希望はたくさん。特にお父様が通う眼科への通院は必須です。そのような中、担当医師、施設長様と密に連携をとることで、スピード入居に成功しました。

入院中にADLが低下し車イス生活に!内縁の妻や息子に見放され、別居した正妻にも頼れない。退院後の生活はどうしたらいいの?

入院を機にADL(日常生活動作)が低下し車イス生活になった男性。かねてから関係性が冷え込んでいた内縁の妻と息子からは、退院後の介護拒否だけでなく縁も切られてしまいます。長く別居している正妻も頼れず、老人ホームへの入居手続きや保証人は、民間の保証会社にお願いすることになりました。

意外にも供給少なめな夫婦2人部屋。スムーズな老人ホーム入居には部屋の仮押さえが必要?

ともに認知症を抱え、2人で暮らしている80代のご夫婦ですが、ある日奥様が心不全で入院。すると、ご主人様は心配と不安のあまり奥様を探しに出かけ、ご自身の透析を忘れてしまいます。困った息子様は、夫婦で安心して暮らせる方法を模索しています。

認知症の妻の暴言と暴力がエスカレート。同居が難しくなり老人ホームを検討

80代の奥様は認知症が悪化し暴言、暴力が酷く、ご主人様は介護疲れでダウンしてしまいます。ご夫婦暮らしのため、ご主人以外に介護する方がおりませんので、奥様は病院に措置入院されますが、退院が決まったところで老人ホームへの入居を検討しました。

疥癬(かいせん)の治療を終え、退院後は老人ホームに入居希望。しかし、どこも感染を恐れて門前払い!!

80代で独居の男性は腎臓病と疥癬*1 が悪化して入院。すべての治療を終えて退院が決定。在宅復帰は困難です。老人ホームへの入居を検討しますが「疥癬の治療を終えたばかりでは」と、どこも門前払い。

ショートステイで老人ホームへのおためし入居は、回り道ではありません

入居者様は、60代の女性。パーキンソン病を抱えながら独り暮らしをしていましたが、症状が悪化し入院。症状は回復したものの、リハビリが必要なため退院後の入居先を探しています。ご家族の方は、気難しいお母さまが入居後合わないと言い出すのではないかとなかなか入居先が決められません。そこで、退院期日が迫っていたため、相談員がご提案させていただいのは、老人ホームへのショートステイ(短期入所生活介護)でした。ショートステイは介護保険法に規定されており、要介護・要支援認定を受けた方は保険が適用され1割負担で利用することができるのです。

母は骨盤骨折で入院。孤独と不安から頻繁に看護師と娘を呼び出し。娘は心労で介護離職、病院側は退院を勧告!

80代のお母様は骨盤骨折で入院。車イス生活になり不安感から看護師、娘様を毎日、頻繁に呼び出す始末。娘様は介護離職、病院は退院を勧告。お母様は老人ホームに入って余生を楽しむことを決断されます。

父が入る老人ホームを入院初期に家族で決定。しかし、退院間際にホームの経営母体が変更になり、選び直し!?

80代のお父様が転倒骨折で入院。認知症も進み、車イス生活に。お母様が介護するのは無理と判断。退院後、入居する老人ホームを娘様と決めていましたが、退院数日前に経営母体が変更。入居を断念。