認知症の重い父親に「老人ホームへの入居」をなかなか提案できません

アルツハイマー型認知症の90代男性は、親戚や近所の人にお金を配る問題行動が頻発。また、家族がお金を盗んだと言い張る物盗られ妄想にも困っていました。ご家族から相談を受けた地域包括支援センターの保健師様やケアマネジャー様が尽力してご対象者様を説得し、認知症ケアに強い老人ホームへの入居が決定。趣味のカラオケがいつでも歌えるレクリエーションの充実度も決め手になりました。

本人面談でまさかの入居拒否!一体その理由とは?

転倒骨折で入院した70代のお母様。入院中にADL(日常生活動作)低下や認知症状が思った以上に進んでしまいました。しかし、ご家族様の面会は毎回短時間で、その時にはしっかりしていたことから、実情を把握できていなかった様子。結果、老人ホームの本人面接で入居拒否となり、困っています。

父が入る老人ホームを入院初期に家族で決定。しかし、退院間際にホームの経営母体が変更になり、選び直し!?

80代のお父様が転倒骨折で入院。認知症も進み、車イス生活に。お母様が介護するのは無理と判断。退院後、入居する老人ホームを娘様と決めていましたが、退院数日前に経営母体が変更。入居を断念。

脳梗塞で片麻痺!片手だけでも上手に使えるようにリハビリを続けたい!!

ご対象者様は80代の男性。脳梗塞で入院。片麻痺になりほぼ全介助の状態。リハビリ病院に移りましたが退院日を控え、リハビリが継続できるホームに入って片手だけでもうまく動かせるようになることをお望みです。