母は認知症、妹は引きこもり。脳出血で倒れた私のこの先は?

脳出血により救急搬送された男性。左半身のマヒと高次脳機能障害で生じた症状、そして家族の生活を憂いながらも、リハビリを続けています。しかし入居中の老人ホームは高く、払い続けられません。そこで、接骨院が母体の住宅型有料老人ホームへ住み替え、熱心な院長のもとでリハビリに励むことになりました。

脳出血で発語や嚥下機能に障害が。楽しみを失った母をどうにか元気づけたい

脳出血で倒れた80代のお母様。全介助となり言語障害が出たうえ、食事もミキサー食となってしまいました。ご家族は、食べることと歌うことが好きだったお母様のために、何らかの楽しみを見いだせる暮らしを希望しています。

脳出血で軽いマヒ、加えて認知症も。希望は自宅に近いホームだが、予算が合わなければどうすればよいの?

脳出血で軽い半身マヒが残ってしまった70代男性。妻は仕事があるため、日中の世話が難しく自宅近くのホームを検討しています。しかし、予算が限られているため、近郊で候補となるホームが見当たりません。

脳出血の後遺症で半身マヒ、嚥下機能の低下で経鼻経管栄養に。あの頃の母に戻れないのだろうか?

80代女性。脳出血の後遺症で半身マヒとなり、嚥下(えんげ)機能も低下して口から食べることができなくなりました。同居する娘様は、ドクターから回復は無理と言われたが、せめて口から食事ができるように口腔リハビリに力を入れている老人ホームを探していました。