熱中症で入院し中心静脈栄養(IVH)に。インターネットでホームを探すが、どこも入居拒否!どうしたらいいの?

独居の80代のお母様が熱中症で緊急入院。体力が落ちて口から食事が摂れずIVHによる点滴をしている状態ですが、退院を告げられホームを検討。しかし、娘様がご自分で探すも、ことごとく断られてしまいます。

ショートステイの利用期限が目前に迫っている。今すぐ入れるホームはある?

相談者は対象者の娘。対象者は80代女性で夫、娘と同居。熱中症による救急搬送をきっかけに要介護状態に。夫にも持病があり、娘1人で両親2人の介護をすることが困難になったため老人ホームを探していました。

有料ショートステイを利用したいが、老人ホーム指定の健康診断書がそろえられない

要支援2の80代独居の女性。老人ホーム指定書式の健康診断書は用意に最低1週間以上かかります。そこで、地域の健康診断書、入院時の病院からの診療情報、ケアマネジャーとの連携により2日で有料ショートステイを利用することができました。