元気といえども老老介護は大きな負担。寝たきりの母に必要なのは、お金には代えられない安心だった!

ご対象者は80代のお母様。誤嚥性肺炎で入院し、経鼻経管栄養が必要な寝たきりの状態です。退院後も介護が必要ですが、老いたお父様では難しいと考えた娘様がホームを検討。ご希望はお父様が通える範囲内でした。

経鼻栄養で将来は胃ろうの可能性も。口から食べられるようになりたい!

80代のお父様は、うつ病と認知症あり、娘が目を離したすきに食事を一気に口に入れ、一時心肺停止に。命は助かりましたが、誤嚥(ごえん)性肺炎のため食事が困難となり、経鼻栄養となりました。経鼻栄養は一時的なもので、口から食べられない場合、胃ろうを検討することになります。娘様が選んだのは、嚥下(えんげ)リハビリがあり、胃ろうにも対応できるホームでした。

脳出血の後遺症で半身マヒ、嚥下機能の低下で経鼻経管栄養に。あの頃の母に戻れないのだろうか?

80代女性。脳出血の後遺症で半身マヒとなり、嚥下(えんげ)機能も低下して口から食べることができなくなりました。同居する娘様は、ドクターから回復は無理と言われたが、せめて口から食事ができるように口腔リハビリに力を入れている老人ホームを探していました。