注目!トイレは人間としての尊厳。尊厳を守ってくれるホームを探したい

相談者は対象者の長男様。対象者は90代男性。別居の長男様のサポートを受けながら奥様と2人暮らしをしていました。パーキンソン病を患い自宅での生活が困難になり、介護老人保健施設(老健)へ入所。退所後の生活の場所としてホームを検討していました。

老老介護の限界、だけど一人で老人ホームは寂しい!

80代で認知症の奥様、同居されているご主人様は老老介護に疲れきっています。ご夫婦そろって健康に過ごすために、老人ホームの夫婦部屋へ入居して奥様は専門家のケアを受け、ご主人様は奥様に寄り添いながらホームと自宅とを行き来する生活がベストとご提案しました。