在宅輸血の医療的ケアが受けられる老人ホームに入居したい

二世帯住宅で娘様夫婦と暮らす80代のお父様は、クリニックの訪問診療を利用して在宅輸血を行っています。しかし、在宅輸血後は副作用の対応のためしばらく目が離せません。また、最近では歩行が困難になり、トイレや食事の介助をすることが増えてきました。娘様夫婦はお仕事をされているので、これを機に老人ホームへの入居を検討。現在行っているクリニックの在宅輸血が続けられる老人ホームに入居することができました。

意外にも供給少なめな夫婦2人部屋。スムーズな老人ホーム入居には部屋の仮押さえが必要?

ともに認知症を抱え、2人で暮らしている80代のご夫婦ですが、ある日奥様が心不全で入院。すると、ご主人様は心配と不安のあまり奥様を探しに出かけ、ご自身の透析を忘れてしまいます。困った息子様は、夫婦で安心して暮らせる方法を模索しています。

糖尿病が悪化して足を切断。独り暮らしの自宅には戻れずホームを選択するが、透析病院に自力で行くことができず、ホーム選びが難航

糖尿病が悪化して、足を切断することになった70代の独居女性。退院後はホームに入居することを決めますが、今のお身体の状態ではストレッチャーによる移送が必要なため、なかなかホームが見つかりません。

週3回の人工透析が必要な夫が、入居ホーム決定後に糖尿病が悪化して入院。すると、受け入れができないとホームから連絡が……

60代のご主人様は人工透析が必要な上に足が悪く、要介護状態。奥様には仕事があるためホームを希望します。しかし、ご主人様の糖尿病が悪化し入院することになり、入居が決まっていたホームから入居を拒否されてしまいました。

骨折で入院中の父、認知症が進行。退院後は老人ホームに入居したい。

90代のお父様は、骨折で入院中。退院日が決まり、娘様はリハビリに強い老人ホームを探していました。しかし、お父様は身体機能が著しく衰え、認知症も進行。リハビリは困難ですが、娘様はあきらめられません。相談員からは、リハビリに特化した施設と、生活リハビリメインで医療連携の強いホームを提案しました。