意外にも供給少なめな夫婦2人部屋。スムーズな老人ホーム入居には部屋の仮押さえが必要?

ともに認知症を抱え、2人で暮らしている80代のご夫婦ですが、ある日奥様が心不全で入院。すると、ご主人様は心配と不安のあまり奥様を探しに出かけ、ご自身の透析を忘れてしまいます。困った息子様は、夫婦で安心して暮らせる方法を模索しています。

糖尿病が悪化して足を切断。独り暮らしの自宅には戻れずホームを選択するが、透析病院に自力で行くことができず、ホーム選びが難航

糖尿病が悪化して、足を切断することになった70代の独居女性。退院後はホームに入居することを決めますが、今のお身体の状態ではストレッチャーによる移送が必要なため、なかなかホームが見つかりません。

週3回の人工透析が必要な夫が、入居ホーム決定後に糖尿病が悪化して入院。すると、受け入れができないとホームから連絡が……

60代のご主人様は人工透析が必要な上に足が悪く、要介護状態。奥様には仕事があるためホームを希望します。しかし、ご主人様の糖尿病が悪化し入院することになり、入居が決まっていたホームから入居を拒否されてしまいました。