介護度や必要なケアの異なる夫婦が、一緒の老人ホームに入るのは無理?

パーキンソン病を抱える80代のお母様。最近は足腰が弱り歩行も困難な上、服薬のタイミングを逸し、自宅で倒れてしまいました。独居なため不安になった娘様たちは老人ホームを検討。特別養護老人ホームに入所していたお父様も住み替え、一緒に同じホームへ入ることで、二重の安心を得ることができました。

検査入院で末期の膵臓ガンが見つかったお母様。老人ホームに対して悪いイメージを持っている息子様は自宅介護を試みますが……

息子様と2人暮らしの70代の女性。検査入院で末期の膵臓ガンが見つかりました。頓服薬で痛みを抑えつつ、ご自宅で過ごすことにしましたが、せん妄症状のためご自分で服薬をコントロールすることができません。

胃ろうにたん吸引と医療ケアが欠かせない夫。しかし、年金が少なく費用が心配

60代のご主人様は、脳梗塞により半身マヒに。全介助で口からの食事も摂れず、さらにたん吸引等のこまめな医療ケアも必要です。しかし、年金が少ないため高額な利用料金は払えないと奥様が困っていらっしゃいます。

週3回の人工透析が必要な夫が、入居ホーム決定後に糖尿病が悪化して入院。すると、受け入れができないとホームから連絡が……

60代のご主人様は人工透析が必要な上に足が悪く、要介護状態。奥様には仕事があるためホームを希望します。しかし、ご主人様の糖尿病が悪化し入院することになり、入居が決まっていたホームから入居を拒否されてしまいました。

元気といえども老老介護は大きな負担。寝たきりの母に必要なのは、お金には代えられない安心だった!

ご対象者は80代のお母様。誤嚥性肺炎で入院し、経鼻経管栄養が必要な寝たきりの状態です。退院後も介護が必要ですが、老いたお父様では難しいと考えた娘様がホームを検討。ご希望はお父様が通える範囲内でした。

ガンで入院中の50代の夫。退院後、家に戻りたくても玄関先に階段があり車イスでの移動ができない!

50代の男性はガンで入院。退院が決まりましたが、家の前に階段があるため車イスで移動することができません。そのためリハビリの充実した老人ホームに入り、歩けるようになって家に帰ることをご希望です。

肺炎で入院して急きょ、老人ホームの入居が決定。いずれは認知症の妻と一緒にホームへ入りたい

相談者は対象者の娘。対象者は80代男性で肺炎のため入院し、要介護1。自宅で暮らす奥様は認知症が進んでいて、いずれはご夫婦での入居も見据えて、まずは緊急度の高いご対象者様の老人ホーム入居を決めました。

前立腺ガン治療後に特殊な尿道バルーンカテーテルを装着。24時間看護スタッフ常勤のホームに入りたい!!

90代で独居のご対象者様は前立腺ガンで入院。治療後は夜間ケアが必要な特殊な尿道バルーンカテーテルを装着しています。入院中にADLが落ちて車イス生活となり、要介護度3に。退院後はホーム入居をご希望です。