誤嚥性肺炎で胃ろうを造設した夫の、紹介された老人ホームすべてが入居の条件にぴったりで、どこにすればいいのか決められません

誤嚥性肺炎で入院した70代のご主人様は胃ろうを造設。夜間のたん吸引が必要になったため自宅での介護は難しく、老人ホームへの入居を検討することになりました。しかし、キーパーソンである奥様が優柔不断で、なかなか入居先を決めることができません。そこで「日々の暮らし方」という視点を提供し、ご主人様の趣味が叶えられる老人ホームへの入居を決めました。

誤嚥性肺炎で入院。1型糖尿病のためきめ細かいインスリン注射が必要だが、受入れ態勢が整っている老人ホームってある?

息子様と2人暮らしの90代のお母様が誤嚥性肺炎で入院。寝たままの状態が続いたことで、ADLが低下してしまいました。今の状態では自宅に戻ることができないため、老人ホーム入居をご検討されています。

脳梗塞に誤嚥性肺炎。母の介護を続けるなら娘は退職!?「これ以上、迷惑をかけられない」と母は老人ホームに入ることを決心!

90代のお母様は脳梗塞になりマヒが残りました。娘様が休職して介護にあたっていましたが、誤嚥性肺炎で再び入院。このままでは娘様は退職せざるをえない状況に。お母様は老人ホームへの入居を決断されました。

誤嚥性肺炎の人が入れる介護施設はありますか?

誤嚥性肺炎で入院中にADLが低下。対象者様は車イスで、誤嚥性肺炎のケアも必要です。そこで選定したのは、「ST(言語聴覚士)による嚥下機能の訓練」が受けられる老人ホーム。また、誤嚥性肺炎と関係の深い「口腔ケアが充実」している老人ホームにも注目しました。どちらも、自力で食事をしたいという気持ちに寄り添ってくださる老人ホームかどうかの見極めにとても大切です。最後に症状が進んでしまった場合も考慮して、たん吸引に対応できる24時間看護付きも視野に入れ、入居先の候補を何件か挙げさせていただきました。

パーキンソン病の母が入院。IVHとたん吸引が必要となり寝たきりに!一方、認知症の父も体調不良で入院!

70代で認知症のお父様とパーキンソン病のお母様。お2人で生活していましたが、それぞれが入院。お母様は誤嚥性肺炎が悪化して寝たきりに。IVHとたん吸引などの医療行為が必要になり在宅復帰は困難です。

元気といえども老老介護は大きな負担。寝たきりの母に必要なのは、お金には代えられない安心だった!

ご対象者は80代のお母様。誤嚥性肺炎で入院し、経鼻経管栄養が必要な寝たきりの状態です。退院後も介護が必要ですが、老いたお父様では難しいと考えた娘様がホームを検討。ご希望はお父様が通える範囲内でした。

誤嚥性肺炎で胃ろうを造設。日中独りになる自宅へは戻れない。24時間看護スタッフがいる老人ホームに入りたい

対象者は80代女性。相談者は同居の長女。誤嚥性肺炎で入院して胃ろうを造設し、ADLも低下して寝たきりになりました。日中独居となる自宅へ戻ることは困難で、看護スタッフ24時間常勤の老人ホームを探していました。

デイサービスを利用中の父。過保護な介護サービスで身体は衰える一方

ご対象者様は90代の男性。誤嚥性肺炎で嚥下機能が弱り、両手首の骨折で手もうまく使えない状態です。デイサービスを利用中ですが、過保護な介護で体は衰退の一途。りハビリができるホームをご希望です。

パーキンソン病の持病があり誤嚥性肺炎で入院。在宅復帰を目指して老人ホームに入居したい

相談者は対象者の奥様。対象者は90代男性で夫婦2人暮らし。パーキンソン病の持病があり誤嚥性肺炎で入院、ペースト状の食事が必要に。奥様も持病があり自宅での介護が困難なことからホームの入居を検討しました。