65歳の父が大動脈解離で心肺停止、脳にダメージを受け要介護5に。言語聴覚士の嚥下リハビリを受けたい!

お父様は、大動脈解離により脳にダメージを受け要介護5に。マヒが残ったため胃ろうを造設しましたが、せめて口から食べる生活を取り戻してほしいと、嚥下リハビリが受けられる老人ホームへの入居を強く希望されました。病院ではこれ以上の回復は見込めないという判断でしたが、一縷の望みを託し、言語聴覚士による嚥下リハビリを積極的に行っている老人ホームへご入居されました。

顔面骨折で食べられず、中心静脈栄養に。嚥下訓練を行うには、老健、療養、有料老人ホーム?

高齢のお母様が転倒し顔面骨折で入院。経口摂取ができなくなり、末梢点滴です。また口から食べられるようになってほしい、大好きな家に戻って暮らしてほしいと娘さんは願っていますが、嚥下機能回復のリハビリに向けて、いくつものハードルがあります。

デイサービスを利用中の父。過保護な介護サービスで身体は衰える一方

ご対象者様は90代の男性。誤嚥性肺炎で嚥下機能が弱り、両手首の骨折で手もうまく使えない状態です。デイサービスを利用中ですが、過保護な介護で体は衰退の一途。りハビリができるホームをご希望です。

脳出血の後遺症で半身マヒ、嚥下機能の低下で経鼻経管栄養に。あの頃の母に戻れないのだろうか?

80代女性。脳出血の後遺症で半身マヒとなり、嚥下(えんげ)機能も低下して口から食べることができなくなりました。同居する娘様は、ドクターから回復は無理と言われたが、せめて口から食事ができるように口腔リハビリに力を入れている老人ホームを探していました。