介護保険の自己負担割合が2割なので、予算内に収まる老人ホームが見つからないかも!?

ご対象者様は大腸ガンで入院している80代の女性です。入院中にADLが低下して車イスが必要になり、独居の自宅に戻れず老人ホームへの入居を検討。希望条件は介護費用や通院同行サービスの費用を含めて月々30万円。介護知識のない姪御様と丁寧に向き合い、納得できる老人ホームに出会えましたがコロナ禍で入居ストップに。再検討の結果、通院の時間は長くなるものの月額利用料が安価な郊外の老人ホームに入居することができました。

認知症の父による暴力で介護の限界です。認知症でも受け入れてくれる老人ホームを探しています

80代のお父様は急激に認知症が進行し、介護の限界を迎えた息子様は老人ホームへの入居を検討しました。地域の方から尊敬されていた父親の変貌に戸惑う息子様でしたが、認知症ケアに精通している老人ホームの施設長と話をすることで、今までの疑問が解けました。信頼できる施設長のいる老人ホームなら安心できると入居を即決しました。

独居の父が前立腺ガンとALSを併発し自宅介護は限界です。難病ケアの実績があり、生きがいをあきらめずに暮らせる老人ホームを探しています

前立腺ガンの90代のお父様は、高齢のため治療を希望せず自宅療養中でした。そんな中、指定難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症。自宅介護の限界を感じた娘様から、難病でも受け入れ可能な老人ホームを至急探してほしいと相談を受けました。ALSの受け入れ実績があり、さらに、多趣味なお父様のためにアクティビティの充実度が高い老人ホームに入居が決まりました。