脳出血で発語や嚥下機能に障害が。楽しみを失った母をどうにか元気づけたい

脳出血で倒れた80代のお母様。全介助となり言語障害が出たうえ、食事もミキサー食となってしまいました。ご家族は、食べることと歌うことが好きだったお母様のために、何らかの楽しみを見いだせる暮らしを希望しています。

母は骨盤骨折で入院。孤独と不安から頻繁に看護師と娘を呼び出し。娘は心労で介護離職、病院側は退院を勧告!

80代のお母様は骨盤骨折で入院。車イス生活になり不安感から看護師、娘様を毎日、頻繁に呼び出す始末。娘様は介護離職、病院は退院を勧告。お母様は老人ホームに入って余生を楽しむことを決断されます。

「食事やデイサービスが気に入らない!」とごねる80代母。毎日の呼び出しに、家族は疲労困憊

ご対象者は、サービス付き高齢者向け住宅にご入居中の不安神経症を抱える80代女性。デイサービスへの参加が苦痛で食事にも不満を持ち、不安神経症が悪化。娘様は毎日のように呼び出され、疲弊しきっています。

脳梗塞に誤嚥性肺炎。母の介護を続けるなら娘は退職!?「これ以上、迷惑をかけられない」と母は老人ホームに入ることを決心!

90代のお母様は脳梗塞になりマヒが残りました。娘様が休職して介護にあたっていましたが、誤嚥性肺炎で再び入院。このままでは娘様は退職せざるをえない状況に。お母様は老人ホームへの入居を決断されました。

独居の父が抗がん剤の通院治療に!体力や食欲も低下。病院に近くて食事がおいしい老人ホームを検討したい!!

70代のお父様が体調不良で入院した際、ガンが発覚。5クールの抗がん剤治療を受けることになりますが、2クール目から通院治療に。副作用もひどいため、お父様の独居生活に医師と娘様が待ったをかけました。

地域包括ケア病棟から自宅復帰を目指すも認知症の進行で断念!退院日も早まりどうしたらよい?

ご対象者様は90代の女性で独居。大腿骨頸部骨折で急性期病院に入院後、自宅復帰を目指し地域包括ケア病棟に転院。しかし、認知症が進み、物盗られ妄想がひどいため2週間後の退院を勧告されます。

デイサービスを利用中の父。過保護な介護サービスで身体は衰える一方

ご対象者様は90代の男性。誤嚥性肺炎で嚥下機能が弱り、両手首の骨折で手もうまく使えない状態です。デイサービスを利用中ですが、過保護な介護で体は衰退の一途。りハビリができるホームをご希望です。