温泉付き、広い居室、家や病院との距離など、老人ホームを選ぶ基準が次々に

80代の女性で独居。老人ホームを検討し始めました。「広い居室で温泉付き」、「家から離れた場所で、通院するのに近いエリア」をご希望。こういったケースでは、まずパンフレットを見て頂き、すぐに実際の老人ホームを見学して頂くようお願いしております。

寝たきりで車イス生活をしている父に共同トイレは負担?

独居で90代のお父様は、突然、体調を崩して寝たきりに。遠方に住む息子様が介護をしていますが、その疲労は極限です。息子様からは「今すぐ入居できる老人ホームを探してほしい」とのこと。相談当日にご希望をうかがい、ホームを選定。2件のホームを見学されて、気になったのは、居室のトイレの有無。今は車イスで生活をしているお父様にとって、共同トイレは負担が重そうです。

夫婦の絆でリハビリ成功。老人ホーム入居後、半年で自宅復帰をかなえた

相談者は80代の奥様。同じく80代の旦那様は、大腿骨頸部骨折によって歩行器が必要になりました。退院後は自宅に戻ることを希望しますが、奥様自身も要支援で娘夫婦は共働きのため難しく、老人ホームを検討しました。

「介護の限界」がわからないときは、専門家と話して冷静な見極めを!

80代のお母様は、長男夫婦と二世帯同居です。これまではデイサービスやショートステイを利用していましたが、お母様の認知症が進行。介護を担当していた長男様に介護疲れが溜まっているご様子。そこで相談員は、長男様を近くのグループホームの見学へとお誘いしました。自宅で介護して「もう無理」となったら、こうした受け皿があることを知っていただきたかったからです。

透析治療中で通院が必要な母が選んだ老人ホームは?

80代のお母さまは、腎不全のため入院し、退院後、独り暮らしのご自宅に戻るのは難しい状況となりました。治療のため週3回の通院が必要となり、近隣で透析クリニックを紹介してくれるホームをご希望です。しかし、対面相談で詳しくお話をうかがうと、お母様は何より妹様が会いに来やすい「立地」への思いが強いことがわかりました。

90代母が大腿骨頸部を骨折、生活リハビリのできる老人ホームへ

お母様は90代の女性で独居。軽度の認知症です。大腿骨頸部骨折で入院。退院後の独り暮らしが不安になりました。家族は老人ホームでのリハビリを望みますが、ご高齢の本人はリハビリに乗り気ではありません。ご家族の求める「理学療法士が個別リハビリ」をするホームと、「生活リハビリ」に力を入れている老人ホームをご提案させていただきました。「生活リハビリ」では、共用トイレや洗面所が、有効な環境になることもあります。