母が入居する老人ホームを息子夫婦が仮予約するも、叔母の反対意見でご破算に

ご対象者は、息子様家族と2世帯住宅で暮らす80代のお母様。普段の生活は別々です。お母様は足腰が弱って、ショートステイへ。退去日が迫り、息子様は近所のホームを仮予約しますが、叔母様の異見でご破算に。相談員を交えて、家族会議を行い、新たな施設を選定しました。

硬膜下血腫で入院中の80代の姉!独り暮らしで自宅に戻れないが、どんな老人ホームを選べば良いかわからない?

独り暮らしの80代の姉が硬膜下血腫で入院後、自宅復帰が困難になり、老人ホームに入ることを希望されました。独身なので弟様が保証人ですが、どんな老人ホームが良いかわからず、あいらいふ入居相談室にご相談に来た時のことです。

90代の姉が独居の自宅で転倒し、動けなくなっていたところを訪問ヘルパーが発見!

90代のお姉様が独居の自宅で転倒し、動けなくなっていたところを訪問ヘルパーが発見して一命を取りとめます。退院後の独居は難しいということで、相談者である弟様の家の近隣でホームを探していました。「老人ホームについて、徹底的に調べた」という弟様から出された要望は、合計20個以上。面談は優先順位を決めるお手伝いから始まりました。

がんの既往症もある妻が骨折で入院。回復期リハビリとして老健希望の夫だが意気消沈の末、うつ病で寝たきりに

60代の奥様は、自宅で転倒して骨折。がんの既往症がある上、うつ病を発症して救急病院で寝たきりに。家に戻るまでに回復するには、心のケアと体のリハビリが必要です。しかし、旦那様の要望は異なるものでした。

回復期に老健でリハビリをするつもりだったが、満床。自宅には戻れないが、退院は10日後

80代のお父様は、ご夫婦で生活していましたが、転倒による骨折で入院することに。退院後の回復期は「介護老人保健施設(老健)でリハビリ」を希望していましたが、空きがなく、老健入所までのつなぎとして近隣の老人ホームを検討しています。

自宅で転倒し大腿骨骨折で入院、独り暮らしなので老人ホームを探したい

独り暮らしの80代女性。自宅で転倒して大腿骨骨折で入院。心配した息子様は、退院後は同居してほしいと考えていましたが、30年以上独り暮らしのお母さまは「息子夫婦に気を遣いたくない」と息子様夫婦のご自宅の近くにある老人ホームへ入ることを決意されました。

90代で骨折で歩行困難に。自宅に戻りたいがその為のリハビリがつらい

ご対象者様は90代の女性で、娘様と同居。大腿骨頸部骨折で入院し、退院後は自宅に戻ることを希望。しかし、病院のメディカルソーシャルワーカーから「自宅生活は厳しい」と言われ、老人ホームの検討を始めました。