注目!実家の母が心配!居間で転倒したまま、身動きのとれない母を発見。

ご対象者様は、独居で80代後半の女性。娘様が帰省した際、居間で転倒したままのお母様を発見。ケアマネジャー様に連絡すると、家での転倒は度々であると報告を受けビックリ!すぐにお母様の老人ホーム入居を検討します。独居で転倒が度重なるようになったら、そろそろホーム入居を検討するサインです。

パーキンソン症候群の父親。老老介護の限界を訴える母だが、遠方で暮らす長男とは温度差が……

ご対象者様は80代の男性。ご夫婦でお暮らしですが、自宅で転倒して入院。お父様は自宅復帰を希望されていますが、お母様は自分のことで精一杯。近くに住む次男様と、お父様の老人ホーム入居を検討し始めました。 ところが、やや遠方にお住まいの長男様とは介護に対する見方に温度差がありました。

介護疲れで家族が入院。認知症で入居を拒否する母をどう説得する?

娘様と同居する、90代のお母様は認知症です。ご家族は気を休めることができず、介護疲れから体調を崩し、相次いでダウン。自宅介護に限界を感じ、ホームへの入居を勧めますが、お母様は断固拒否。問題は深まる一方です。お母様の「体を動かすことが好き」という趣味の部分から、説得を試みました。

無理しないで!多重介護で苦しむ前に相談を

対象者様は、90代女性で独居。元気に暮らしていらっしゃいましたが、自宅で転倒。骨折をしてしまいました。現在入院中ですが、病院からは治療後の早期退院を迫られています。唯一の肉親である姪御様は義父母を多重介護中で、対象様の在宅介護はとても無理です。退院までに老人ホームの入居先を決めなければなりません。事情を情をうかがった相談員は、「明日、老人ホーム見学に行きましょう」とご提案。ご家庭が大変な状況にあるからこそ、決断を急ぐ必要があったからです。手元には、すでに病院のソーシャルワーカー様から得た情報をもとに選定したホーム候補がありました。その中からさらに2軒をピックアップし、翌日にホーム見学へ向かいました。

転倒による骨折と脳出血で入院中。退院しても自宅には帰れない

80代の旦那様は、転倒による骨折と脳出血を併発し、療養型病院に入院です。食事は、胃ろうでの栄養摂取が主ですが、経口摂取も一部可能になりました。老人ホームのリハビリを受けた方が経口摂取も進むのではないか、高額になる毎月の入院費用も削減できるのはないかなど、奥様は旦那様の老人ホームへの入居を考えるようになりました。

老人ホームの「2人部屋」のメリット、認知症の孤独感を解消も

80代の旦那様は、自宅で転倒して出血が止まらず、救急搬送されました。老老介護で認知症も進行していることから、退院後に自宅へ戻ることは難しいと判断。認知症の方の場合、“寂しさ”が問題行動の原因となる場合もあります。そこで「2人部屋」のお部屋をご提案させていただきました。

脳挫傷で嚥下障害の父、嚥下訓練をしてくれる老人ホームはどうやって探せばいいのでしょうか?

80代のお父様は、転倒による脳挫傷で入院。嚥下障害のため、ペースト食です。娘様は、好物のうなぎを食べられるようになることを望んでいました。そこで、嚥下訓練を行うことのできる老人ホームをご紹介しました。