脳梗塞の後遺症で自宅には戻れそうもない夫が、老人ホーム入居をかたくなに拒否しています。どのように説得したらいいでしょうか?

80代の男性が、脳梗塞で倒れて入院。食事やトイレ、入浴は、なんとか自分でできるまで回復しましたが、歩行が困難です。自身の急な状況変化を受け入れられず、老人ホームへの入居を拒否されています。周囲の説得もあり、趣味の温泉がある老人ホームが見つかり、入居に至りました。

インスリン注射が可能な介護施設はどうやって探せばいい!

1日3回食前にインスリン注射が必要なお母さまが自己注射が困難になり、インスリン注射を行ってくれる介護施設を探しておりました。お母さまはインスリン注射をご自身でされておりましたが、脳梗塞で倒れ、右半身にマヒが残り、車イスや介助が必要な要介護3。さらに認知機能も低下し、インスリン自己注射も困難に。そこで介護施設の中で有料老人ホームへ入居することを検討しました。

妻の希望は「アクセス重視で予算は年金内」。でも入居する夫は本当にそれで満足?

自宅最寄り駅からアクセス良好だが、予算より高めの介護付有料老人ホーム。 ご対象者は80代男性。前立腺肥大症手術のため入院したところ、歩行、トイレ、入浴が不自由になり全介助状態に。認知症も進行して幻視症状も現れ、退院後の介護に不安を感じた奥様がホームを検討しています。

誤嚥性肺炎の人が入れる介護施設はありますか?

誤嚥性肺炎で入院中にADLが低下。対象者様は車イスで、誤嚥性肺炎のケアも必要です。そこで選定したのは、「ST(言語聴覚士)による嚥下機能の訓練」が受けられる老人ホーム。また、誤嚥性肺炎と関係の深い「口腔ケアが充実」している老人ホームにも注目しました。どちらも、自力で食事をしたいという気持ちに寄り添ってくださる老人ホームかどうかの見極めにとても大切です。最後に症状が進んでしまった場合も考慮して、たん吸引に対応できる24時間看護付きも視野に入れ、入居先の候補を何件か挙げさせていただきました。

ガンで入院中の50代の夫。退院後、家に戻りたくても玄関先に階段があり車イスでの移動ができない!

50代の男性はガンで入院。退院が決まりましたが、家の前に階段があるため車イスで移動することができません。そのためリハビリの充実した老人ホームに入り、歩けるようになって家に帰ることをご希望です。