65歳の父が大動脈解離で心肺停止、脳にダメージを受け要介護5に。言語聴覚士の嚥下リハビリを受けたい!

お父様は、大動脈解離により脳にダメージを受け要介護5に。マヒが残ったため胃ろうを造設しましたが、せめて口から食べる生活を取り戻してほしいと、嚥下リハビリが受けられる老人ホームへの入居を強く希望されました。病院ではこれ以上の回復は見込めないという判断でしたが、一縷の望みを託し、言語聴覚士による嚥下リハビリを積極的に行っている老人ホームへご入居されました。

脳梗塞で要介護5の40代。退院後の施設選びはどうすればいい?

40代の娘様が脳梗塞で入院。片麻痺で要介護5の寝たきり状態に。治療を終え、退院日がせまっていても、お母様は次に移る施設を決めないまま。退院勧告にも応じようとしません。しかし、辛抱強く話し合いを続け、施設見学へ。赴いた先で、お母様は若い入居者様の様子をご覧になり、大いに安心します。

難病で寝たきりに。退院後も通院が必要な50代の姉に老人ホームは適切か?

独居の50代女性が難病を発症し入院。寝たきり状態となり、手厚い医療ケアが必要なため退院後は自宅での生活は難しい状態です。唯一の親族である妹様が医療ケア全般を任せられる老人ホームを探しています。

脳梗塞で入院!糖尿病の持病に加え、認知症もあり、退院後は医療ケアのできる老人ホームへ

認知症に加え、パーキンソン病や糖尿病の持病がある独居の90歳男性が脳梗塞で入院。マヒが残り要介護5となり、退院後のホーム利用を余儀なくされました。しかし貯蓄が少なく、家族からの援助も難しい状況です。

末梢点滴から胃ろうを造設。息子様は「もう一度口から食事を」と願い嚥下リハビリを希望

相談者は息子様。80代のお母様が脳梗塞で入院し、右半身にマヒが残った上、口から食事を摂ることができなくなり末梢点滴に。状態が安定した後、胃ろうを造設しましたが、ご家族は経口摂取を希望され、予算内でリハビリのできる施設を探しています。

注目!老人ホーム選びに失敗し、誤嚥性肺炎で寝たきりに。要支援から要介護5に!

70代で独居のお母様は、脳梗塞の既往歴があり要支援です。息子様が探してきたホームに入居したところ、誤嚥(ごえん)性肺炎で寝たきりに。改めてホームを選び直したいとの希望から、娘様からご相談が入りました。身体状況がそぐわなくなった場合、新たなホーム選びが必要になることもあります。

ペースメーカー利用の母は肺炎で入院後、食欲が減退し体力低下が激しい

ご対象者様は、次男ご夫婦と同居中で、ペースメーカー利用の90代女性。風邪から肺炎となり入院後、病状は改善されましたが、食欲が減退し身体の衰弱も著しく自宅復帰は困難です。退院を2週間後に控え、手厚い介護が受けられるホームを探しています。気に入った施設が見つかりましたが、即断してしまうと後悔する可能性があるため、別の施設の見学をお薦めしました。