『退院後の介護生活に役立つ本』(あいらいふ別冊・退院ハンドブック[2022年8月])を、全面リニューアルし、8月25日(木)発刊いたします。

 

新しくなった『退院後の介護生活に役立つ本』は、判型と仕様を変更。
また、病院での退院支援時や勉強会で繰り返し活用いただいているとの声を受け、医療ソーシャルワーカーや退院支援看護師にとって使い勝手がよく、かつ、退院を控えた高齢患者とその家族がスムーズに自宅生活を再開できるよう、従来のコンテンツに改良を重ね、さらに保存性を高めた作りにこだわりました。

〜最近ニーズが高まっているホスピス住宅って何?〜

 

今回の特集は、「ホスピス住宅って何?」です。ホスピス住宅。最近ニーズが高まっていることをご存じですか?実際、施設での看取り件数や「あいらいふ入居相談室」でのホスピス住宅への紹介件数も年々増加しており、その傾向が数字にも表れています。身体の痛みを和らげる緩和ケアを行う施設には、このほかに緩和ケア病棟がありますが、ホスピス住宅との違いは何なのでしょう。ホスピス住宅のニーズが高まっている理由は?ホスピス住宅を選択することのメリットは?現状とともに詳しく解説していきます。緩和ケアの必要な方それぞれに適した退院先を決めるためのヒントが得られるかもしれません。

 

【その他おすすめコンテンツ】

 

 

 

 

 

本誌の無料お取り寄せは、
問い合わせフォーム(無料取り寄せフォーム)
https://i-life.net/lp10/

または
フリーダイヤル
0120-007-097 (通話無料 月~土9:00~18:00)

にて承ります。

介護情報誌『あいらいふ』編集部

 

【誌名】退院後の介護生活に役立つ本(あいらいふ別冊・退院ハンドブック[2022年8月])
【発行部数】4万部
【配布場所】首都圏を中心としたエリアの病院など約2,000か所