認知症が進行しトイレでの失敗が増え、現在住んでいるサービス付き高齢者向け住宅から退去を勧告!

サ高住にお住いの80代の女性。認知症が進行し、トイレが思うようにできなくなり、施設から「すぐにでも退去を」と勧告されます。入居可能なホームを提案しましたが、入居審査の段階で感染症が判明し、ふりだしに戻ってしまいました。

元気といえども老老介護は大きな負担。寝たきりの母に必要なのは、お金には代えられない安心だった!

ご対象者は80代のお母様。誤嚥性肺炎で入院し、経鼻経管栄養が必要な寝たきりの状態です。退院後も介護が必要ですが、老いたお父様では難しいと考えた娘様がホームを検討。ご希望はお父様が通える範囲内でした。

認知症でご近所トラブル続出!老老介護で母は寝たきり、父は元気だが認知症が進行

90代のお父様は、ほぼ寝たきりのお母様と二人暮らし。お父様のアルツハイマー型認知症が進み、電子レンジ爆発などのご近所トラブルも相次いでいます。息子様は身の安全や近所迷惑を考え、お父様の老人ホーム入居を検討されます。

急性期治療が終わり退院間近!医療ケアが可能で低予算で入れる老人ホームをすぐに探してほしい!!

ご対象者様は80代の男性。娘様と二人暮らし。日中は訪問介護を利用していましたが、脳梗塞で入院。急性期治療を終え、退院日が1週間後に迫り、医療ケアが可能な施設を探さなくてはなりません。