認知症の父の強い被害妄想の矛先は自分。日々の対応にすり減っていく心をどうしたらいいの?

被害妄想の強い認知症のお父様から毎日暴言を浴び、心が折れてしまいそうな息子様。一時的に介護老人保健施設(老健)のショートステイを利用しますが、退所後、もとのつらい日々には戻れそうもありません。相談員は、少ない手持ちでも、穏やかな環境で過ごせる老人ホームをご提案しました。

軽い認知症はあるが多趣味で元気な母が気に入る老人ホームってある? 友達も多いから接待用に共用部分にはこだわりたいです。

軽い認知症を持つ90代のお母様は転倒して腕を骨折。入院中にADLが低下し、息子様夫婦に迷惑をかけたくないと、自ら老人ホームに行くとおっしゃいます。趣味や急な来客でも安心して対応ができる、ホテルのような豪華な共有スペースを持つ老人ホームへの入居を決めました。

抗ガン剤の通院治療をする母の老人ホーム選び。予算内におさめるなら転院も仕方ない?

ご対象者はお父様と二人暮らしの80代のお母様。尿路感染で入院後、検査でガンが見つかりました。抗ガン剤治療を選択しましたが、90代のお父様には通院の付き添いが難しく、老人ホームからの通院治療を検討しています。

胃ろうにたん吸引と医療ケアが欠かせない夫。しかし、年金が少なく費用が心配

60代のご主人様は、脳梗塞により半身マヒに。全介助で口からの食事も摂れず、さらにたん吸引等のこまめな医療ケアも必要です。しかし、年金が少ないため高額な利用料金は払えないと奥様が困っていらっしゃいます。

認知症が進行しトイレでの失敗が増え、現在住んでいるサービス付き高齢者向け住宅から退去を勧告!

サ高住にお住いの80代の女性。認知症が進行し、トイレが思うようにできなくなり、施設から「すぐにでも退去を」と勧告されます。入居可能なホームを提案しましたが、入居審査の段階で感染症が判明し、ふりだしに戻ってしまいました。

これ以上、妻に迷惑をかけられない!!認知症で杖歩行の夫は旅行先での転倒を機に自ら老人ホームに入ると決断

80代のご主人様は軽い認知症で杖歩行。奥様とお暮らしですが、ご夫婦で旅行した際、転倒。奥様は腰痛持ちで手を貸すこともできず、救急車を呼ぶ始末。これを機にご主人様は老人ホームへの入居を考えます。

元気といえども老老介護は大きな負担。寝たきりの母に必要なのは、お金には代えられない安心だった!

ご対象者は80代のお母様。誤嚥性肺炎で入院し、経鼻経管栄養が必要な寝たきりの状態です。退院後も介護が必要ですが、老いたお父様では難しいと考えた娘様がホームを検討。ご希望はお父様が通える範囲内でした。