独居でガンの母を娘宅近くに呼び寄せて、手頃な料金のホームに入れたい

90代のお母様は独居。平日は小規模多機能居宅介護サービスを利用し、休日は娘様が遠距離介護していました。そうした中、お母様はガンで入院。娘様はお母様を呼び寄せて、ホーム入居を検討していますが、難航中です。

年金暮らしで老人ホームの入居金が払えない

相談者は、ご対象者様の妻。旦那様は、80代で夫婦2人暮らしです。脳腫瘍によってマヒが進行し、自宅生活が不可能に。年金の範囲内で、自宅暮らしの妻の生活費とホーム費用の両方を賄えるホームを探していました。また将来的には特養を希望しているため、一時金を払わずに入居できる老人ホームをご希望されていました。

床ずれと在宅酸素療法により、老人ホームからの受け入れ拒否

80代のお母様は、肺の病気で入院。その後は在宅酸素が必要になりました。住んでいた特養に戻ることは難しく、遠方に住む次女様は、自力でホームをお探し中でした。しかし、医療依存度の高い人でも入れるホーム探しは難しく、老人ホームから断られてしまったとのこと。自分で探してうまくいかないときは、老人ホーム選びの専門家にご相談ください。