NEW高齢者の骨折で退院後の老人ホーム探し! 独り暮らしの母が病院での生活に安心感を覚え退院後は老人ホームを希望

独り暮らしをしている70代のお母様が自宅で転倒。骨粗しょう症が進行していて腰の骨を圧迫骨折しました。歩行ができるまでに回復しましたが、人に囲まれた病院での生活に安心感を覚え、退院後は老人ホームに入居したいと希望しています。身の回りのことは自分でしたいとの強い要望があり、居室にキッチンがついているサービス付き高齢者向け住宅をお勧めしました。

母は認知症、妹は引きこもり。脳出血で倒れた私のこの先は?

脳出血により救急搬送された男性。左半身のマヒと高次脳機能障害で生じた症状、そして家族の生活を憂いながらも、リハビリを続けています。しかし入居中の老人ホームは高く、払い続けられません。そこで、接骨院が母体の住宅型有料老人ホームへ住み替え、熱心な院長のもとでリハビリに励むことになりました。

妻は認知症が進み老人ホームへ。夫は一人の生活に疲れ果て、安心して暮らせる終の棲家を探し始めた

80代の男性。奥様は認知症が進み、2年前に老人ホームに入居。独居で自立した生活を送られているご主人様も体力が低下。元気なうちに老人ホームに入り、安心で安全な毎日を送りたいとご相談がありました。

老人ホームの怠慢で褥瘡がひどくなったと憤っている娘は住み替えを希望。しかし、寝たきりで褥瘡治療の通院もあり、受け入れ先がなかなか見つからない!?

80代のお母様は要介護5で寝たきり状態。ホームに入居していましたが褥瘡がひどくなり治療が必要に。娘様はホームの対応の悪さが原因と住み替えを希望しましたが、医療依存度が高すぎて受け入れ先が見つかりません。

「食事やデイサービスが気に入らない!」とごねる80代母。毎日の呼び出しに、家族は疲労困憊

ご対象者は、サービス付き高齢者向け住宅にご入居中の不安神経症を抱える80代女性。デイサービスへの参加が苦痛で食事にも不満を持ち、不安神経症が悪化。娘様は毎日のように呼び出され、疲弊しきっています。

一人暮らしの不安と寂しさから自ら老人ホームを検討するが、合った施設が見つからない

ご対象者様は、80代で独居の女性。妹様が少し離れた所にいますが、今の生活に不安が募り自らホームを探し始めます。しかし、介護度と年齢だけで判断され、紹介されるホームは、ご自身の住みたい場所ではありませんでした。相談員は「元気なうちは自分で食事を作りたい」という気持ちに沿ったミニキッチン付きのサービス付き高齢者向け住宅等を提案しました。