誤嚥性肺炎で胃ろうを造設。日中独りになる自宅へは戻れない。24時間看護スタッフがいる老人ホームに入りたい

対象者は80代女性。相談者は同居の長女。誤嚥性肺炎で入院して胃ろうを造設し、ADLも低下して寝たきりになりました。日中独居となる自宅へ戻ることは困難で、看護スタッフ24時間常勤の老人ホームを探していました。

転倒骨折で入院、退院後に独り暮らしは難しい。地元でリハビリに強い老人ホームを探してほしい

談者は対象者の長男。対象者は70代女性で独り暮らし。以前、老人ホームを検討して見送ったものの、その後、自宅で転倒骨折して入院。退院後に自宅へ戻ることは難しかったため、リハビリに強い老人ホームの入居を希望していました。

母は特別養護老人ホームに入居中。長男様は不規則勤務で介護困難。父の介護をどうすればいい?

相談者は対象者の長男様。対象者は80代男性で、妻の特別養護老人ホーム入居後は独居でした。長男様は不規則な勤務体系で、近距離だとしても面会に行ける日は限定的。そこで休日に親族や友人を誘って、にぎやかに面会に行ける観光地のホームを探していました。

老老介護の限界、だけど一人で老人ホームは寂しい!

80代で認知症の奥様、同居されているご主人様は老老介護に疲れきっています。ご夫婦そろって健康に過ごすために、老人ホームの夫婦部屋へ入居して奥様は専門家のケアを受け、ご主人様は奥様に寄り添いながらホームと自宅とを行き来する生活がベストとご提案しました。