注目!実家の母が心配!居間で転倒したまま、身動きのとれない母を発見。

ご対象者様は、独居で80代後半の女性。娘様が帰省した際、居間で転倒したままのお母様を発見。ケアマネジャー様に連絡すると、家での転倒は度々であると報告を受けビックリ!すぐにお母様の老人ホーム入居を検討します。独居で転倒が度重なるようになったら、そろそろホーム入居を検討するサインです。

認知症の母を自宅で介護。暴言や暴力がひどく、介護に疲れた奥様

ご対象者様は90代の女性で、息子様ご夫婦と同居。息子様が多忙なため、お嫁様が認知症のお母様を自宅介護。しかし、認知症の悪化で暴言や暴力がひどく、夫婦の間に亀裂が…。介護に関する悩みは、ギブアップする前に周りに相談した方が解決への近道となります。

パーキンソン症候群の父親。老老介護の限界を訴える母だが、遠方で暮らす長男とは温度差が……

ご対象者様は80代の男性。ご夫婦でお暮らしですが、自宅で転倒して入院。お父様は自宅復帰を希望されていますが、お母様は自分のことで精一杯。近くに住む次男様と、お父様の老人ホーム入居を検討し始めました。 ところが、やや遠方にお住まいの長男様とは介護に対する見方に温度差がありました。

介護疲れで家族が入院。認知症で入居を拒否する母をどう説得する?

娘様と同居する、90代のお母様は認知症です。ご家族は気を休めることができず、介護疲れから体調を崩し、相次いでダウン。自宅介護に限界を感じ、ホームへの入居を勧めますが、お母様は断固拒否。問題は深まる一方です。お母様の「体を動かすことが好き」という趣味の部分から、説得を試みました。

お母様の認知症が進み徘徊も。父は自宅介護に固執し、老人ホーム入居を断固拒否。

お母様は、80代で認知症。普段はご自宅でお父様がお母様の介護をしています。老老介護のお父様の疲労困ぱいぶりを心配して、近所に住む息子様はお母様のホーム入居を検討しますが、お父様の同意は得られません。そこで、相談員がお父様とお母様をホーム見学にご招待。実際に見ることでお父様も納得し、ご自宅近くのホームの検討を始めることとなりました。

硬膜下血腫で入院中の80代の姉!独り暮らしで自宅に戻れないが、どんな老人ホームを選べば良いかわからない?

独り暮らしの80代の姉が硬膜下血腫で入院後、自宅復帰が困難になり、老人ホームに入ることを希望されました。独身なので弟様が保証人ですが、どんな老人ホームが良いかわからず、あいらいふ入居相談室にご相談に来た時のことです。

息子は怒鳴る&音信不通、認知症の母は保証人がおらずホームに入れない

お母様は、80代で独居。主介護者の息子様は言葉によるDVがあり、音信不通に。認知症のお母様は、高齢者緊急一時保護施設に入所。その退去日が迫り、ホーム入居を希望するも身元保証人がいません。相談員は、成年後見制度で入居できるホームを提案しました。

注目!障害者施設で暮らす半身マヒと失語症の兄にあった老人ホームとは?

障害者施設で暮らす70歳の男性。介護施設に移るように促され、身元保証人の妹様が多くのホームを見学し過ぎた結果、決断できない状態になっています。年齢的に長期の入居を考慮し、料金設定も魅力的な老人ホームにご入居がきまりました。エリアを広げることで、ご希望のホームに巡り会えました。

老人性うつにより引きこもりがちで、廃用症候群のリスクが!

独り暮らしの80代女性。老人性うつにより引きこもりがちで、廃用症候群のリスクが高まりました。ケアマネジャーから老人ホームへのご入居を提案されました。設備の整ったホテルのようなホームも検討されましたが、女性が選んだのは改修型で低コスト、4入居者同士が肩肘張らずにくつろげる雰囲気のある老人ホームでした。