軽い認知症はあるが多趣味で元気な母が気に入る老人ホームってある? 友達も多いから接待用に共用部分にはこだわりたいです。

軽い認知症を持つ90代のお母様は転倒して腕を骨折。入院中にADLが低下し、息子様夫婦に迷惑をかけたくないと、自ら老人ホームに行くとおっしゃいます。趣味や急な来客でも安心して対応ができる、ホテルのような豪華な共有スペースを持つ老人ホームへの入居を決めました。

脳梗塞で軽いマヒ。老人ホームに入ったら趣味の将棋ができなくなる?!

ご対象者は80代半ばで要支援2の独居男性。数年前に患った脳梗塞の後遺症が少しありますが、娘様の世話のおかげで、支障なく日常を過ごされています。しかし、最近急に体力が落ちてきて、転倒や脱水症状で救急搬送されるなど、娘様は介護の限界を感じています。

脳出血で発語や嚥下機能に障害が。楽しみを失った母をどうにか元気づけたい

脳出血で倒れた80代のお母様。全介助となり言語障害が出たうえ、食事もミキサー食となってしまいました。ご家族は、食べることと歌うことが好きだったお母様のために、何らかの楽しみを見いだせる暮らしを希望しています。

父は入院生活に不安を抱き認知症が進行!早く老人ホームで穏やかな生活が送れるようにしてあげたい!!

独居で80代のお父様。娘様が実家を訪れた際、お父様が倒れていたため救急搬送。大腿骨の骨折で入院となりますが、不安感から認知症が進行。退院後、お父様が安心して過ごせる老人ホームをお探しです。

妻が大腿骨頚部骨折で入院。リハビリは順調だが、夫は老老介護が不安。妻は趣味継続のため退院後もリハビリをしたい!

70代の奥様が大腿骨頚部骨折で入院。退院時期が迫りましたが、奥様には軽度の認知症があり、ご主人様は自宅での介護に不安なご様子。一方、奥様は趣味のフラダンスを再開するためリハビリを強く希望されています。

「食事やデイサービスが気に入らない!」とごねる80代母。毎日の呼び出しに、家族は住み替えを決意

ご対象者は、サービス付き高齢者向け住宅にご入居中の不安神経症を抱える80代女性。デイサービスへの参加が苦痛で食事にも不満を持ち、不安神経症が悪化。娘様は毎日のように呼び出され、疲弊しきっています。

老健から老人ホームへ。音楽鑑賞など自分の趣味が楽しめる老人ホームに入りたい!!

ご対象者様は認知症で70代の男性。独り暮らしでしたが頸椎の圧迫骨折で入院。退院後は老健へ。リハビリは充実していたものの、レクリエーションは今一つ。退所後は趣味が堪能できる老人ホームをご希望です。