抗ガン剤の通院治療をする母の老人ホーム選び。予算内におさめるなら転院も仕方ない?

ご対象者はお父様と二人暮らしの80代のお母様。尿路感染で入院後、検査でガンが見つかりました。抗ガン剤治療を選択しましたが、90代のお父様には通院の付き添いが難しく、老人ホームからの通院治療を検討しています。

一人暮らしの不安と寂しさから自ら老人ホームを検討するが、合った施設が見つからない

ご対象者様は、80代で独居の女性。妹様が少し離れた所にいますが、今の生活に不安が募り自らホームを探し始めます。しかし、介護度と年齢だけで判断され、紹介されるホームは、ご自身の住みたい場所ではありませんでした。相談員は「元気なうちは自分で食事を作りたい」という気持ちに沿ったミニキッチン付きのサービス付き高齢者向け住宅等を提案しました。

息子は怒鳴る&音信不通、認知症の母は保証人がおらずホームに入れない

お母様は、80代で独居。主介護者の息子様は言葉によるDVがあり、音信不通に。認知症のお母様は、高齢者緊急一時保護施設に入所。その退去日が迫り、ホーム入居を希望するも身元保証人がいません。相談員は、成年後見制度で入居できるホームを提案しました。

がんの既往症もある妻が骨折で入院。意気消沈の末、うつ病で寝たきりに

60代の奥様は、自宅で転倒して骨折。がんの既往症がある上、うつ病を発症して救急病院で寝たきりに。家に戻るまでに回復するには、心のケアと体のリハビリが必要です。しかし、旦那様の要望は異なるものでした。