母が多発性骨髄腫で余命数か月の末期ガンです。医療用麻薬による疼痛コントロールが受けられる老人ホームはありますか?

多発性骨髄腫で入院中の70代女性が余命数ヵ月を宣告。残された時間も自分らしく過ごしたいと辛い抗がん剤治療をやめ、医療用麻薬による疼痛コントロールに切り替えました。自宅での介護が難しいため医療サポートが充実した老人ホームに入居したいと相談をいただきました。ご本人は医療サポートが伴うと高額になることを心配していましたが、月額利用料が年金内ですみ、行動制限がなく自分らしく暮らせる高齢者向け賃貸住宅に入居することができました。

末期ガンで治療の手立ては緩和ケアのみ。でも、最期は病院ではなく医療的ケアが可能な老人ホームで!

ご夫婦でお暮らしの90代の男性が末期の肝臓ガンで入院。残された治療法は疼痛ケアのみでした。医師から緩和ケア病棟を勧められますが、お父様の意思を尊重し「老人ホームで最期を」と息子様が希望されます。

終末期の母に泊まって付き添いができる老人ホームをすぐに見つけたい

ご対象者様は90代の女性。病院から退院を迫られており、今すぐ入れるホームをお探しです。末梢点滴による栄養補給で終末期にあるため、家族は医療対応が万全で、相談者の娘様が通いやすいホームを切望していました。相談員は、ターミナルケアが可能な24時間看護スタッフ常勤のホームを選定し、5日後には実際にご入居されました。

糖尿病で足を切断。入院生活で認知症が進行し自宅介護が不可能に。

持病の糖尿病が悪化して片足を切断した80代の男性。しかも、入院中に認知症が進行し、自宅療養は困難となりました。そのため、老健退所後の住居として認知症対応がフロアあり、24時間看護師常勤で手術した医療機関の受診対応が可能な老人ホームを紹介しました。