脳梗塞で倒れて胃ろうを造設予定の母。たん吸引の対応可能な老人ホームはある?

お母様は、90代で独居です。脳梗塞で倒れて一命は取り留めましたが、口から食事をすることができなくなって胃ろうの造設を検討中。相談者の長男・長女様は、将来的に、たん吸引の対応も可能なホームを探していました。見学に訪れたホームで、ホームスタッフより「胃ろうでも、ゼリー食などで経口摂取が進むようお手伝いはできる」との提案がありました。この発言に、長男・長女様の表情に変化が。家族としては「母の経口摂取への希望を捨てたくなかった」と、静かに本音を語られました。

硬膜下血腫で入院中の80代の姉!独り暮らしで自宅に戻れないが、どんな老人ホームを選べば良いかわからない?

独り暮らしの80代の姉が硬膜下血腫で入院後、自宅復帰が困難になり、老人ホームに入ることを希望されました。独身なので弟様が保証人ですが、どんな老人ホームが良いかわからず、あいらいふ入居相談室にご相談に来た時のことです。

透析治療中で通院が必要な母が選んだ老人ホームは?

80代のお母さまは、腎不全のため入院し、退院後、独り暮らしのご自宅に戻るのは難しい状況となりました。治療のため週3回の通院が必要となり、近隣で透析クリニックを紹介してくれるホームをご希望です。しかし、対面相談で詳しくお話をうかがうと、お母様は何より妹様が会いに来やすい「立地」への思いが強いことがわかりました。

誤嚥性肺炎で入院し胃ろうを造設した母!私は仕事がある為自宅に戻れない

息子様と2人くらしのお母さまは、誤嚥性肺炎で入院後、症状が悪化し胃ろうを造設しました。そのため自宅介護が困難になり、退院までに何としても介護可能な転居先を決めなければなりません。ですが、お母様の身体状況から24時間看護スタッフ常勤の老人ホームが必要となりました。息子様の希望は、「ご自宅の近く」「低価格」でした。